お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

本命になれないのはなぜ? 「セカンド女子」にありがちな特徴4つ

ファナティック

いくら好きな男性が相手でも、「セカンド女子」の悲しさはできることなら経験したくないですよね。なかなか本命になれないセカンド女子にはどのような特徴があるのでしょうか。社会人の女性に聞いてみました。

■彼の都合を最優先

・「都合がいい。会いたいときにはどんなときでも駆けつけ、お金もすぐ出す」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「尽くし系。相手に軽くみられがちだから」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

相手に嫌われたくないばかりに、常に相手の都合を優先し、自己犠牲もいとわない人は要注意。だんだんと男性は女性の都合を無視した行動に出るようになります。振り回されて泣くことになるかもしれません。

■寂しさに負けてしまう

・「浮気相手でもいいから彼氏がほしいとか、ひとりでいられない人」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「とにかく常に彼氏がいたいと思っている女性。フリーを謳歌できない人がセカンド女子になりがち」(31歳/情報・IT/営業職)

恋愛に依存しがちな人にもその傾向があるようです。「誰でもいいから付き合いたい」と思う女性には、誰でもいいから遊びたいと思う男性が寄ってくるかもしれません。ひとりでも楽しめる心の余裕が大切ですね。

■自己評価が極端に低い

・「自己肯定ができない人。二番でもいいや、みたいな」(24歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「常に他人任せで自分に自信がないと二番手率高い。なめられるからね、いろいろと」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

本来、セカンド女子になることは女性が望む恋愛の形ではないはず。それでもその状況を自ら許してしまったり、別れるよりはマシと妥協してしまうと、ずるずるとその関係が続いてしまうかもしれません。

■我慢強いしっかり者

・「真面目な人、長女気質。年上にもてあそばれやすいかも。しっかりしていると甘え下手になりやすいような」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分の欲をあまり出さない子。都合のいい子に思われそうだから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

本当はセカンド女子では嫌なのに、嫌と言えない女性も、男性がその我慢強さに甘えることになってしまうかも。本命になりたいと言うことはわがままではありません。自分に厳しすぎるのも考え物ですね。

■まとめ

いつか本命になれるかも、と長らく付き合っていても、結果的にはセカンド女子のまま月日が流れ、自分の気持ちが疲労困憊してしまうようでは幸せな恋愛とは言えませんよね。いい恋愛をするためには、お互いに納得のいく関係性を築くことが必要不可欠なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月13日~4月20日
調査人数:140人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]