お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼氏を甘やかしたせいで起こった、「女の悲しい末路」4選

ファナティック

たくさんいる女性の中から自分を見つけてくれて、愛してくれた彼氏……。そう思うと自然に「大切にしたい!」という気持ちが沸いてきますが、甘やかしすぎは厳禁!? 女性たちに「男を甘やかしてもいいことはない!」と思ったエピソードを聞いてみました。

■甘やかしていたら浮気してた!

・「浮気を許したことが昔あったが何回も繰り返していた。1回する人は何度でもする。そして人には厳しく束縛をする」(24歳/その他/その他)

・「付き合いはじめの彼を信じて、浮気してもバレないようにして!と冗談で話していたら、浮気されていたこと。本気にするなよと言いたい」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「何でもかんでも理解してるよ、いいよ、とかして許してると、また繰り返す。元彼の二股を一度許したら、数カ月後にまたされました」(28歳/その他/販売職・サービス系)

理解のあるところを見せたくて「浮気はバレないようにしてね」なんて言ってたら、「本当にやってた!」なんてことが……。男性を甘やかすとろくなことにならない!? 言葉を額面通りにしか受け取らない彼氏もいるため、「男を理解しすぎ」な言動には注意です。

■後回しでいいよとは言ったけど……

・「忙しい人だったので、自分のこと優先していいよといつも言ってたら、彼の中の優先順位で『彼女』がとても低くなり、会える回数が減った」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「なんでも機嫌さえ取ればいいと思い、相手のことを受け入れていたらそれが当たり前だと思われて後回しにされてしまう」(32歳/その他/その他)

自分のことよりも仕事に集中してほしい、夢を大切にしてほしい、なんて純粋な気持ちで彼氏を応援していたら、いつの間にか自分が「最下位」の位置づけになっていることも。母親のような存在になりすぎてしまったのかも!?

■いつの間にかお金を払う係に

・「お会計のとき、なぜか小銭から出す彼。そうなるとこちらはお札を出さなきゃいけないわけで(笑)。それをはっきり言わなかったせいか、デート代をどんどん払わなくなって、ホテル代すら割り勘になった」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「たまにはいいよ、とプレゼントを奮発したら、毎年高額なものをねだるようになってしまった」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

カップルとして長く一緒にいるようになると、自然とお互いの役割が決まってきますよね。ただ「お金を払う係」にだけはなりたくない! 彼氏を甘やかしすぎると、自然と「お金を払うのは彼女」なんて割り振りされてしまうことがあるよう。

■どこまでやらせる気!?

・「服を着るとき手伝ったりしてると、靴下を履かせてくれなど言うようになった」(25歳/その他/その他)

・「何でもしてあげていたら、髪を洗ってと言われたり、ひげを抜いてと言われたりしまいには、コンタクトレンズを外してくれと言われた」(34歳/その他/その他)

・「家事とかすべてやっててゴミ捨ての担当を任せておいて、今日何の日だよ、って言わなくなったらゴミがたまって結局自分で捨てるはめになる」(25歳/その他/その他)

大好きな彼氏の世話を焼きたくなるのは、女性にとって自然な行動。ただあれこれやっている内に雲行きが怪しくなり、「どこまでやらせる気だ!」なんて突っ込みたくなるほどお世話させられることが。甘やかしすぎて王様気取りになってしまう男性もいます。

■まとめ

いい意味で素直すぎる男性は、甘やかすと「それやってもいいんだ!」なんて素直に受け取り調子に乗ってしまうことが……。女性がよくやる「遠慮しなきゃいけないこと前提の親切」は男性には通じないことがある、ので要注意です。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月30日~3月31日
調査人数:404人(22歳~34歳の女性)
※画像はイメージです

 

お役立ち情報[PR]