お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

約7割の男性が〇〇! 女性から送られるLINEの返信催促スタンプは「かわいい」or「ウザイ」?

大場杏

クリエイターズスタンプが話題になり始めたころ、ツンデレ女子が返事を催促するスタンプが話題になったのも、記憶に新しいところ。女子的には「こんなの待ってた!」とばかりに高評価。……だけど実際のところ、男性側から見ればどうなの? 効果はあるのか、ダイレクトには言えないけど、かわいいキャラクターに代弁してほしい女心は伝わっているのか、こんなアンケートをしてみました。

Q.LINEで女性から送られてくる返信の催促スタンプをどう思いますか?

かわいい……31.4%
ウザイ……68.6%

約7割強の男性が「ウザイ」と思っていることがわかりました。頻繁に使用している方には悲しいお知らせとなってしまいますが、それぞれ理由があるかも! 選んだ理由を見てみましょう。

【ウザイ派の意見】

■自分の欲求押し付けるな

・「こっちのペースで返信したいのに、催促されるのはうっとうしいから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「どんなものであれ、返信の催促はウザイです。LINEやSNSに執着しすぎる女性は嫌いです」(27歳/農林・水産/技術職)
・「しょーじき、めんどい。既読スルー」(37歳/医療・福祉/専門職)
・「好きなタイミングで返したいから無視する」(33歳/電機/技術職)

「返したいときに返すからそっとしてほしい」「早く返信を求められるのがストレス」「もともと自分自身返信頻度が少なく、度々督促が来ると辟易する」とご立腹の男性が多いよう……。ここまで冷たいこと言わなくても……と思ってしまいますが、自分のタイミングで返信できることは、本来メールの利点なはずなのに、チャットようなLINE、かつ既読機能があるのは厄介かも……。

■余計返信したくなくなる

・「返さないのには理由があるのに、催促されるのはイラってしてしまう」(24歳/電機/技術職)
・「いちいちスタンプなんか使わないで、直接言えばって感じ」(29歳/運輸・倉庫/クリエイティブ職)
・「黙ればいいのにと思う」(38歳/学校・教育関連/専門職)
・「催促されると返信する気がうせるから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

文章でストレートに伝えるより、ほんわかしたイラストが言ってると角が立ちづらいと思いきや「文章もなく、こういうぶしつけなやり方をされるのは腹が立つ」「スタンプでごまかしているが、返信を催促するのはうっとうしい」逆効果に感じる男性も。もう催促しないが吉!

【かわいい派の意見】

■おもしろい催促法

・「ユーモアがあればよいことだと思います」(38歳/情報・IT/技術職)
・「おしゃれでユニークでよいと思います」(22歳/建設・土木/営業職)
・「いまどきのコミュニケーション手段なので、しかたないですね」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)
・「そのようなことがあったら、すぐ返してしまう(笑)」(32歳/通信/技術職)

「かわいい」を選んだ方は比較的若い年齢の方が多かったです。そこまで真剣に受け止めないようで「いろいろな工夫をしていていいと思います」「それくらいかまってほしいというのがあるから」と好意的。もっと気軽なツールなのでカジュアルに楽しんでほしいですよね。

■忘れててごめん! すぐリプライ

・「女性らしい返信で、かわいくていいと思います」(26歳/学校・教育関連/その他)
・「返事がほしいからスタンプで催促しているのは、かわいいと思う」(23歳/金融・証券/営業職)
・「女子からのスタンプはうるさくない」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「好きな女性からのLINEなら、かわいいと思う」(36歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

かわいいを選んだ方の中でも、もっとも多かったのが好きな子や気になるこの場合……と相手が限定的な方も少なからずいらっしゃいました。「自分に興味を持ってくれていて、自分の返事がほしいと思ってくれてるから」と2人の関係性による部分が大きいのかもしれませんね。「初めはかわいいと思うが頻繁だとウザイ」とのことなので、回数は気にした方がいいかもしれませんね。

■まとめ

すぐ返事がほしいタイプの方は、自分もすぐ返信する方が多いかもしれませんよね。社会人にもなると、具体的な要件ではないものは、後回しにしてしまいがちになると思います。そんな既読スルーの男性の方々も「当日には返信する」という方が多かったので、次の日に持ち越さないなら許してあげて!

(大場 杏)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数102件(22歳~38歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]