お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

まさか、浮気・・・!? 恋人が異性と歩いている場面に遭遇したら、どうする?

下村さき

最近、テレビや雑誌を騒がす『浮気』・『不倫』。
でも、恋人が他の異性と2人で歩いているだけだと、仕事とも遊びとも判断がつかないですよね。
そこで今回は、自分の恋人が異性と歩いている場面に遭遇したらどうするかについて、働く男女に意見を聞いてきました。

■その場で声をかける

・「声をかけてしまう。心配で仕方ないから、時間を置くと余計な心配をしそうなので」(37歳/商社・卸/営業職/男性)

・「聞く。どういう関係なのか聞いたらいいだけ」(25歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職/女性)

・「その場で声をかける。その後、発展してほしくないし」(30歳/医薬品・化粧品/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他)/男性)

シンプルに、その場で声をかける男女が多数!
「あれっ、偶然だね!」と普通に声をかければ、一緒にいるのが仕事関係の人だった場合でも特に問題にはならないですもんね。
万が一、下心があった場合の抑止策にもなりそうです。

■証拠集めをしてから

・「尾行をして証拠集め。相手の家も突き止める。ある程度の証拠が揃ったら、周りに根回しをしてから問い詰める」(39歳/商社・卸/営業職/男性)

・「写メでも撮って、後で問い詰めるかな?」(29歳/その他/営業職/女性)

・「そのまま見過ごして、他の情報をもっとたくさん集めて、逃げ道のないようにしてから話をする」(32歳/自動車関連/販売職・サービス系/男性)

まずは、どちらか確かめるために尾行したり写真を撮って、証拠を集めるというタイプ。
ただの仕事仲間と分かればホッとできますし、万が一おかしな行動に出ても、証拠さえあれば今後戦えますもんね。
遭遇したときには動揺してしまうと思いますが、冷静に対応すると後々良いかも?

■確認する勇気がない・・・

・「その場では声をかけない。仕事の人かもしれないし友人かもしれないし、声をかける勇気がない」(23歳/通信/販売職・サービス系/女性)

・「見送る。勇気がない」(36歳/学校・教育関連/その他/男性)

・「勇気がなくてその場では声をかけられない。その後も本人に直接聞くのは怖いので、本人の周りに聞いてみたりする」(31歳/その他/その他/女性)

勇気がないので、「誰と一緒にいたの?」と聞けない人たちも。
2人は、ただの仕事関係かもしれないし、たまたま駅で会って一緒に飲み会に向かう途中かもしれません。
後から1人で悶々と考え込まないタイプなら、『聞かない』という選択をとっても良いですよね。

■自分から波風たてない

・「弱みを握っといて、自分の弱みと相殺する時に使う」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など)/男性)

・「その場は見送る。無駄に波風を立てないため」(38歳/商社・卸/営業職/男性)

・「その場は見送り、泳がす」(32歳/商社・卸/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など)/女性)

その場で声をかけることも、問い詰めることもしないというタイプも。
自分から波風立てるのではなく、相手から責められたときにこちらの防御に使うというのもアリかもしれませんね。

■絶対に、戦います

・「修羅場が好きだから、あえて声をかけて修羅場を作る。彼がどちらを選ぶか女と女のバトルを楽しみたい」(26歳/医療・福祉/その他/女性)

・「いちゃいちゃしていたら、相手の男を殴るかして別れる」(32歳/機械・精密機器/経営・コンサルタント系/男性)

・「問い詰めてぶん殴る」(30歳/食品・飲料/その他/女性)

その場で戦うつもりで、声をかけるという人も!
事を荒立ててから、実は何でもなかった!ということがないように、2人の関係性がハッキリしてから戦うようにしたいですね。

どう対応するかは、人それぞれ。
余計な心配をして自分が悩んでしまったり、ムダに疑って2人の関係が悪くならないよう、その場で声をかけるにしても後から聞くにしても、尾を引かない対処ができると良いですね!

(下村さき)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月26日〜2016年4月28日
調査人数:819人(22歳〜34歳の女性406人、22歳〜39歳の男性413人)
※画像はイメージです。

お役立ち情報[PR]