お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

衝撃の事実! 婚活中の女性に聞いた「あなたにとって婚活している時間」って?

ファナティック

生涯の伴侶を選ぶための「婚活」。自分も相手も結婚に対して真剣な気持ちを持っているだけに、和やかに話しているようでも、実はお互いを探り合っていたりすることもあれば、新しい出会いにワクワクする気持ちでいっぱいなことも。そこで今回は、婚活している時間について、働く女性たちがどう感じているのか調べてみました。

Q.婚活している時間、あなたははどう感じていますか?

1位「疲れる」……27.0%

2位「緊張する」……17.0%

3位「楽しい」……15.0%

4位「楽しくない」……8.0%

5位「したことがないからわからない」……33.0%

婚活を楽しんでいる人は2割弱。疲れてしまったり、緊張してしまうという女性が多いようですね。では、そう思う理由について詳しく聞いてみましょう。

1位「疲れる」

・「将来の相手を探すのが条件がいろいろあって疲れそう」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「気を遣うことが多いから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「婚活をしたことがないけど、自分を多少なりともよく見せる必要があると思うから」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

結婚相手を選ぶとなると、軽い気持ちではいられないのも婚活の現実。相手に望むことを吟味して、それに見合う男性を探すことに疲れてしまうという女性も。もちろん、自分自身も結婚相手にふさわしいと思ってもらえるように、振る舞わないといけないというプレッシャーもありますよね。

■2位「緊張する」

・「初対面の人とたくさん会うという行為が、緊張することの連続だと思うから」(26歳/自動車関連/技術職)

・「男性への目が厳しくなりそう」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

・「どんな人がいるかわからないからドキドキする」(25歳/情報・IT/技術職)

いろいろな男性と出会える婚活ですが、初対面の人と話すのは緊張してしまいますよね。この人が将来の夫になるのかもしれないと思いながら、男性を見ているだけでドキドキしてしまう女性も多いようです。場数を踏めば慣れるのかもしれませんが、慣れるまで婚活を続けたくないというのも、本音かもしれませんね。

■3位「楽しい」

・「年収の高い医者との生活を夢見て、わくわくするので楽しいです」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「合コンも参加しづらい年齢になってきて、異性との出会いの場となるから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「運命の人と出会えると思うから」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

この出会いが自分の一生を左右するかもしれない。そんな気持ちで婚活をしていると楽しめるという女性も。普段なかなか異性と出会えないという女性も、婚活パーティーなどではピンポイントで「結婚」を意識した相手と出会えますよね。当然、やる気スィッチが入るのかもしれませんね。

■まとめ

将来の結婚生活を夢見て楽しみながら婚活している人もいれば、結婚相手を選ぶプレッシャーに疲れてしまう人も。ほかにも「自分の価値のなさにがっかりする」(35歳/その他/営業職)、「結婚を最優先事項として恋愛をするのは疲れる。シンプルに好きという気持ちだけでは付き合えないから(家族関係や、社会的地位、収入などもつい考慮に入れてしまうから)」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)というように、うまく相手が見つからず落ち込んだり、婚活では恋愛を楽しめないという人も。結婚を意識することも大事ですが、まずはいろいろな出会いを楽しむくらいの余裕を持つほうが、いいのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月12日~4月21日
調査人数:157人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]