お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いや、それアウトだから! 浮気男が頻繁に使う言い訳4つ

ファナティック

多くの女性の頭を悩ます男性の悪い癖のひとつが、「浮気」ではないでしょうか。浮気を繰り返し行う男性ほど、言い訳も同じになってくるもの。そんな苦しい言い訳から、相手が浮気常習犯なのか見抜くこともできそうですよね。そこで今回は女性のみなさんに、「浮気男が頻繁に使いそうな言い訳」について教えてもらいました。

ただの友だちだよ

・「『ただの友だちだよ!』となんでもない風を醸し出す」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「あくまで友だちだと主張しそう。友だちだから遊びに行くのは自然、と考えそう」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ただの友だちアピールはバレたときの定番だと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

浮気相手を友だちと言い張られると、それ以上は何も言えなくなってしまいますよね。証拠でもない限り、友だちじゃないことを見破るのは難しいもの。だからこそ、男性側もこの言い訳を頻繁に使うのかもしれません。

仕事だから

・「『仕事が忙しい』。仕事と言われると何も言えなくなるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「『会社の付き合いで飲み会に行かなきゃいけない。嫌だけど』」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「『職場の先輩につかまっちゃって。上司につかまっちゃって』。そんなに頻繁に普通つかまらない」(33歳/医薬品・化粧品/営業職)

仕事を理由にされると、疑っていてもどうすることもできません。本当に仕事だったら困らせることになるので、こちらの気持ちをわかっていて、言い訳しているのかもしれませんね。

相手が誘ってきた

・「『向こうから言い寄られた』。自分に非がないアピールで、そのセリフを使いそう」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「『向こうが無理やり誘ってきた』。自分の気持ちはなかったアピールになるから」(27歳/その他/専門職)

・「『相手から誘ってきた』と言いそう。実際によくそう言う浮気男がいた」(28歳/ソフトウェア/技術職)

浮気が実際にバレてしまったとき、相手の女性のせいにする男性もいますよね。どちらから誘おうと浮気は浮気。自分から誘っていないからお咎めなし! になることはありません。

好きなのはお前だけ

・「『本当に好きなのはお前だけだ!』。そう言っては彼女を引きとめて、結局同じことを繰り返すから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『本気じゃないから! 本気なのはお前だけだから!』」(29歳/医療・福祉/営業職)

・「『本当に好きなのは○○だけだ』。それさえ言えば許されると思っていそう」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

浮気をしている男性の常とう句とも言えるのが、このセリフ。浮気相手は遊びで、自分のことは本気で好きだと言われると、つい許してしまう女性もいるかもしれませんね。ただ、あなたのことを本気で好きなのならば、彼は浮気をしないはずです!

<まとめ>

できれば浮気をする相手なんて、さっさと見切りをつけて別れたほうがいいかもしれません。一度だけの間違いならともかく、何度も繰り返して浮気をするようならば、ガツンとお灸をすえることも考えてみるべき。できればそんなことをせずに済むよう、相手が浮気をしないことが一番ですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月23日〜3月30日
調査人数:147人(22歳〜34歳の女性)

※この記事は2016年04月29日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE