お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

“すてきな奥さん”候補!? 「ケチな女性」に対する男性のホンネ。

ファナティック

人によってそれぞれちがう金銭感覚。自分と合うかどうかが恋人選びの大事なポイントになるという人も少なくないかと思います。では、「ケチな女性」であっても男性から恋愛対象として見てもらうことはできるのでしょうか。アンケートで聞いてみました。

Q.「ケチな女性」は恋愛対象になる?

「なる」……58.7%
「ならない」……41.3%

<「なる」と回答した意見>

■将来的に安心

・「ある程度の経済感覚があるほうが、将来的にいいと思うため」(28歳/情報・IT/技術職)

・「将来設計がしっかりしていそう」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「自分もケチなので、性格が合うと思うから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

ケチな女性はきちんと貯金もできていそうだし、将来設計もしっかりと持っていそう。ずっと付き合っていく相手として考えても将来的に安心できる相手だと思えるようです。男性自身が自分もケチだと自認しているタイプだと似た者同士ということで親近感もわいてくるのかも。

■家計を任せられる

・「家計の管理がしっかりできそうだから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家計が破綻することはなさそうだから」(27歳/商社・卸/営業職)

・「結婚したら家庭を守ってくれる、いい奥さんになりそうだから」(23歳/その他/その他)

恋愛の先に結婚があると考えれば、家計を守ってくれそうな、お金にシビアな女性は男性にとってもありがたい存在になるみたいです。お金を管理して、上手にやりくりしてくれる女性は、結婚相手としては好印象となることもあるようです。

<「ならない」と回答した意見>

■自分の金銭感覚にも口出しされそう

・「倹約家ならまだ好感が持てるが、ケチとなると他人にまで影響が及びそうで嫌だ」(32歳/商社・卸/営業職)

・「いつもお金のことを考えていそうで、一緒にいて楽しくなさそう」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「お金に細かくてケチな女性とお付き合いしても、『こんなものにお金を使って』とほしいものを買っても言われそうで、主導権を握られ、何もできなくなるのが予想がつき、恋愛対象にならないです」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

お金にシビアな倹約家程度であればまだしも、「ケチ」だと自分のお金の使い方にも口出しされそうで窮屈さを感じるかもしれない、と考えている男性も。無駄遣いをたしなめられるにしても、それが毎回のことになると付き合い続けるのは難しいと思ってしまうのでしょうね。

<まとめ>

やや「恋愛対象になる」と回答する男性のほうが多い結果となりました。将来のことを考えずに浪費する女性よりは、家計をしっかりと守ってくれそうな女性のほうが男性にとっては好印象、ということもあるようです。もちろん、必要なところの出費まで削るほどのケチな女性だと男性も疲れてしまうかもしれませんが、財布の紐が堅い女性だと、安心して付き合えるというイメージは持っているようです。金銭感覚が合うかどうかというのと同時に、将来的なことも考えられる相手かどうかというのを見ているのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月17日〜31日
調査人数:109人(22歳〜39歳の社会人男性)

※この記事は2016年04月29日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE