お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やだ、いつの間に……「オトコの影響で変わったこと」3選

ファナティック

友だちや家族など一緒に過ごす時間が長い人には、多かれ少なかれ影響を受けるものですよね。言葉づかいや仕草が似てきたり、同じものを好きになったりなど影響のされ方はいろいろですが、こういうことは恋人同士でもありえそう。今回は、男性の影響でどんなことに変化があったのかを女性たちに聞いてみました。

ファッション

・「カジュアルが好きだったが、きれい系にシフトした」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「大人っぽい服装や髪型が好きな彼に合わせ、ずっとぱっつん前髪でデコを死守してきた私ががつんとデコ出しするようになった」(30歳/食品・飲料/経営・コンサルタント系)

・「服装。前はジーパンとかパンツ系が多かったけど、出掛けるときは毎回スカートをはくようになった」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

洋服やヘアスタイルを彼好みにしたいというのはかわいい女心。自分では似合わないと敬遠していた洋服なども彼から「かわいい」と言ってもらえると自信を持って着られそうですよね。最初から好みが同じ男性もよいですが、まったく正反対というのも新しい自分に出会えるよいきっかけになりそうです。

趣味・嗜好

・「お酒の趣味。ワインかカクテルしか飲まなかったけど、日本酒が飲めるようになって、好きになった」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「音楽の趣味。彼が好きな渋谷系ばかり聴くようになった」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「サッカーや陸上など、いろいろなスポーツ観戦を好きになった」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

男性ならではの趣味も彼に影響を受けて興味を持てるようになったという女性も。共通の趣味ができると話をしていても盛り上がるし、彼としても自分の趣味を理解しようとしてくれる彼女のことをいとしく思ってくれそう。食わず嫌いだった食べ物も彼の真似をして口にしてみたら意外とおいしかったということがあるかもしれませんね。

ものの考え方

・「ものの考え方。ネガティブだったが、明るく前向きに物事を考えられるようになった」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「多くは語らずとも、見ているだけでわかることがあるということを学んだ。趣味趣向はいちいち聞かなくとも、生活スタイルや日々何が起きているか聞くだけで、だいたい読めることがある」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「いろんな意味で好き嫌いが多かったけど、何事もやってみてから好きか嫌いかを判断するようにしよう、と思うようになった」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

彼と付き合っているうちに彼の考え方に似てくるということもありそうです。自分の考えを押し付けるような男性だと反発したくもなるかもしれませんが、付き合いながら自然に彼の考え方に共感できて自分が変わっていくというのなら、自然な流れで受け入れられそうですね。

まとめ

相手の影響で自分の価値観や嗜好が変わるというのは自分が変わるチャンスなのかもしれません。それが好きな男性であれば、本当によい人と出会えたとも思えそう。もちろん、自分の気持ちを抑えて相手に合わせるというのではストレスもたまるし、どうしても無理が出てしまうもの。一緒にいて自然に自分が変わっていけて、それがよい結果になるのであれば恋愛をしたことで成長したとも言えそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数112件。22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年04月28日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE