お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

大好きな彼だけれど……「彼氏を紹介するのが恥ずかしい!」と思う瞬間3選

ファナティック

彼との付き合いが長くなるとバッタリ友だちに会ったり、紹介する場をセッティングしたりする機会も増えてきますが、そんなとき自信を持って友だちに彼氏を紹介できますか? 彼のことは好きだけど友だちに紹介するのはためらってしまう。今回は、女性たちが彼氏を友だちに紹介するのが恥ずかしい瞬間について聞いてみました。

マナーや知識がない

・「知識やマナー、教養がまったくと言ってよいほどない彼氏なので、話ができなくてとてもじゃないけど紹介できない」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「紹介したいと言ったときに『そういうのはちょっと……』と拒否反応を示されると恥ずかしい。恋人の友人にひと言あいさつもできないのかと」(30歳/不動産/事務系専門職)

いい年をした大人なのにていねいな言葉使いができなかったり、マナーを知らなかったり……。せめて話す努力をしてくれればまだしも、最初から友だちに会うのを嫌がるような彼だとそれも期待できなさそうですね。

口下手

・「あまり社交的ではないので、会話が弾むかが心配なのが恥ずかしい」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「口下手なので気が利いたことを言えないのがちょっとな~と思う」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

口下手は仕方がないとしても、社会人として最低限のコミュニケーションをとってほしいと思うもの。こちらがヒヤヒヤしてしまう場面も多そうですね。

センスがイマイチ

・「いつも同じスニーカーを履いている。どこへ行くにもなのでもう少し考えてほしい」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「顔はイケメンだけど私服がダサい」(27歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「スポーツっぽい服しか普段着ないので、お店などで会うのは恥ずかしい」(31歳/金融・証券/専門職)

TPOをわきまえた服装ができなかったり、あまりファッションにこだわらなかったりという男性も、友だちに紹介するのは恥ずかしいみたいです。彼のセンスに任せてしまわず、友だちに会うときに着て行く服は一緒に買いに行くようにすると少しは安心かもしれませんね。

まとめ

2人で会っているときには特に何とも思わないけれど、友だちに合わせるとなると彼の欠点が目に付いてしまう。そういう女性は少なくないようですが、少しでも見栄を張りたいという気持ちと彼の良さが欠点で隠れてしまうかもという心配な気持ちの表れなのかも。ちょっと気になるところがある彼で、努力次第で何とかなるものなら自分から彼を先導して変える努力をしてもらうのもよいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年4月にWebアンケート。有効回答数112件。22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年04月27日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE