お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女のちがい】恋人には「甘えたい」or「甘えられたい」?

ファナティック

仕事では気を張っていても、彼氏と2人っきりのときくらいは甘えたいですよね。でも最近は女性に甘えたいという男性も多いようです。そこで今回は男性と女性のみなさんに、こんな質問をしてみました。

Q.恋人には甘えたいほう?甘えられたいほう?

【女性】
甘えたいほう……84.6%
甘えられたいほう……15.4%

【男性】
甘えたいほう……49.5%
甘えられたいほう……50.5%

女性が圧倒的に「甘えたい」と回答したのに対して、男性は半々に分かれる結果となりました。このちがいはどこから来るのか、早速それぞれの意見を聞いてみましょう。

<女性の意見>

■せめて彼氏には甘えたい!

・「甘えられるのは苦手だから甘えるほうがいい」(28歳女性/生保・損保/営業職)
・「男の人は頼りにしたいし、彼氏は甘やかしてくれる存在でいてほしいから」(22歳女性/建設・土木/技術職)
・「昔から、甘えるのが苦手な性格で、親にも甘えてこなかったから。せめて、彼には甘えたい」(32歳女性/食品・飲料/事務系専門職)

意外に多かったのが「甘えるのが苦手」という意見でした。親や目上の人に甘えられない分、彼氏には甘えさせてほしいと思う人が多いようです。頼りがいのある彼氏には甘えたくなりますよね。

■甘えられるとかわいい!

・「甘えるのが苦手だし、自分にしか知らないかわいい部分があると、よりいとおしく思えるから」(33歳女性/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「外でバリバリがんばっている男性が甘えてきてくれたらかわいいし、頼りにされてるのかなと思う」(29歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「身の回りのことなど、いろいろやってあげたいから。母親みたいにならないように要注意だが……」(25歳女性/食品・飲料/専門職)

少数ではありますが、男性が甘えてくることにかわいさを感じるという意見もありました。自分しか見られない姿にキュンと来る女性もいるようです。でもくれぐれも「母親化」しないように気をつけたほうがよさそうですね。

<男性の意見>

■癒やされたい!

・「癒やされたいという気持ちが強いから」(33歳男性/その他/専門職)
・「姉さん女房に甘えていたいから」(26歳男性/金融・証券/事務系専門職)
・「普段仕事で気を張ってるので、帰宅したらちょっと甘えたい」(37歳男性/自動車関連/事務系専門職)

彼女に甘えることで「癒やされたい」という意見が多くありました。年上の彼女に甘えたいという男性も多いようです。仕事のときは誰にも甘えられないので、彼女の前ではリラックスしたいのかもしれませんね。

■甘えられるとかわいい!

・「甘えられるとかわいいしうれしくなる」(31歳男性/金融・証券/専門職)
・「何でも言うことを聞いてあげて、度量の広さを感じさせてあげたいから」(35歳男性/金融・証券/営業職)
・「普段しっかりしているのに、2人っきりになるとすごい甘えてくるようなギャップのある女性が好みなので」(25歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

男性は女性に甘えられると、かわいらしさとうれしさを感じるようです。男性としての度量の広さを感じさせたいなんて、頼りがいがありますよね。普段とのギャップがある女性は、男性からは不動の人気があるようです。

まとめ

男性に甘えたいという女性が多い一方で、男性も女性に甘えたいと思っていることが判明した今回のアンケート。特に仕事で疲れているときは、彼女に甘えることで癒やされる男性も多いようです。「男性は弱さを見せないべき」という考え方は、もう過去のものになっているのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数269件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月22日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE