お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

育ちのいい女が最強!? 「育ちのいい」女性を男性が重視するわけ

ファナティック

日頃から言葉遣いがよく、優雅なしぐさの女性を見ると「育ちがいいんだな」と感じるものですが、女性の社会進出が進んでいる昨今では、頭脳明晰(めいせき)な女性の需要もどんどん高くなってきています。男性は女性に対して育ちのよさと学歴の高さ、どちらを重視するのでしょう。社会人の男性に聞いてみました。

Q.「育ちのよさ」と「学歴の高さ」あなたは女性を選ぶときどちらを重視しますか?

育ちのよさ……91.7%

学歴の高さ……8.3%

9割以上の男性が、育ちのよさを重視すると回答しました。それぞれの理由を見てみましょう。

「育ちのよさ」と回答した男性の意見

●育ちのよさは日常生活に必要な要素

・「いくら偏差値が高くても家事ができないと不便な気がするから」(27歳/運輸・倉庫/その他)

・「学歴が高くてもマナーがなっていないと幻滅する」(39歳/学校・教育関連/その他)

・「世間の常識や一般的なものの見方は当然必要なため。一般的な家庭以上であればいいです」(36歳/食品・飲料/その他)

日常生活において、専門的な知識が必要とされる場面はそれほど多くはありません。それよりも世間的な一般常識やマナーや思いやりなど、経験によって得られるものの方が重視される場面の方が多いでしょう。どんな場面にも柔軟に対応できることが社会人として必要不可欠な要素かもしれませんね。

●学歴だけでは乗り越えていけない壁もある

・「知識よりも、頭のよさのほうが大事。実力社会の中でも、目上の人への関わり方を自分は気にするから」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「勉強ができることが必ずしも好印象にはつながらないため」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「自分が頭よくないので学歴が高すぎるとちょっと話があわない」(38歳/機械・精密機器/技術職)

社会には学歴だけでは対応しきれないことが多々ありますよね。世間でうまく立ち振る舞うことが頭の良さだとするなら、学歴と頭の良さはちがうものと捉える人も。特に恋愛や結婚においては学歴をそれほど気にする必要はないと考えている男性は多いようです。

「学歴の高さ」と回答した男性の意見

●豊かな人生を送るために

・「共働き希望なので、ある程度の学歴があり仕事上の話が合う方がよいから」(35歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「収入にも影響してくるから」(38歳/情報・IT/事務系専門職)

先行き不透明な現代社会において、夫婦ともども独立した収入源を求める人も多くなってきているようですね。共働きでより豊かな生活を求めるのなら、上品で性格がいいだけではやっていけないという側面もあるかもしれませんね。

●学歴は努力の証し

・「人生の中で一生懸命がんばった証だから」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「育ちの良さは入り込まない限り分からないが、学歴は聞けばわかるし、ある程度の常識も備えてるはずだから」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

今はどの企業でも、履歴書に親の勤め先や家柄を求めることはありませんよね。育ちのよさは履歴書に書くことはできない一方、学歴は自分の人生の勲章になることは事実です。学歴が、初対面の人物に信頼や期待を抱いてもらう材料になることは事実かもしれませんね。

まとめ

多くの男性が、育ちのよさに人間的な魅力を感じていることは事実のようです。ですが長い人生においては、その局面によって必要な人間としてのスキルは変わってくるもの。魅力的な女性であるためには、育ちのよさや学歴に頼ることなく、荒波を乗り越えていけるたくましさを身に着けていくことが必要なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数411件。22歳~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年04月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE