お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ドン引き! デートで男性にガッカリしたコト「一円単位で割り勘」「パジャマみたいな服」

ファナティック

海まだ付き合って間もない頃のデートって楽しいものですよね。まだお互い、相手のことをよく知らない中で、ちょっとずつ相手を知っていく……しかし、残念ながら、期待通りにいかないのが現実というもの。時には、相手側の予想外の行動で、とてもガッカリさせられた、なんて経験もあるんじゃないでしょうか? そこで今回はデート中、男性にガッカリしたことについて、女性のみなさんに本音を聞いてみました!

割り勘・食事代

・「一円単位できっちり割り勘にされた」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「支払いで、割り勘よりも少ない額を伝票の上にのせて渡してきたとき。なめてんのかと思った。もちろん別れた」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「デートするとわかっているのに、それまでにギャンブルでお金を使いすぎてしまい、いつも私が食事代を出すはめになり、さすがに先に予定を立てているのだから、ちゃんと残しておいてよと思った」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「『今日はおごるよ! 何でも食べて!』と言われたデートで会計間際になり『払って』と言われたこと。意味がよくわからなかった」(32歳/不動産/専門職)

デートの食事代は割り勘にすべきか男性側が全額負担すべきか、ここについては意見が分かれると思いますが、「たかり」となると話は別ですよね。はなから、お金を出させようという心持ちの男性はちょっとご遠慮いただきたくなってしまいますね。

ファッション関連

・「パジャマみたいな服装で来られたとき」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「ヨレヨレのシャツでのデートに来た」(27歳/機械・精密機器/その他)

・「いかにも普段着という感じのヨレヨレの服装で現れたとき。ちょっとはおしゃれにも気を配ってほしい」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「カッパが好きなため、私に対してもカッパを着ることを強要させられた」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

雑誌モデルのような格好をしてきてほしい、とまでは思いませんが、せめて外を出歩いても恥ずかしくない格好を、お願いしたいですね。ましてや、そのファッションを強要してくるとなると、ちょっと……。

そのほか……

・「デートがノープランだったとき。誕生日なのにお店も調べていなかったとき」(33歳/その他/事務系専門職)

・「優柔不断で、自分では何も決められないこと」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「やけにくっつきたがったり、帰り際に寂しいを連呼してくる彼がいたとき、なんだか弱っちい人だなとちょっとガッカリした」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「せっかくのデートなのに不機嫌そうで、嫌々付き合ってるようなつれない態度をされたとき」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「最初から体目当てが前提だったこと。ご飯は適当にささっと済ませて、運転しながら手を繋がれて海へ。海岸を散歩しているときに押し倒されそうになった。断ったら、帰りの車中はほぼ無言。ガッカリというか腹立たしい」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

なよなよとした、女々しい態度の男性が好きな女性はあまりいないかと思います。だからといって不機嫌そうな態度をとられても、イヤですよね。体目当てでデートに誘われると、今後、そういう軽い性格の人としか見えなくなってしまいそうですね。

まとめ

付き合うまでは見えていなくとも、2人でデートをするとその人の性格は見えてくるものです。世の中、ピンからキリまでさまざまな性格の人がいますが、あまりにも自分に合わない相手だったら、情が出る前に早めにお別れするのもアリでしょう。ヘンな男には引っかからないようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数161件(22歳~34歳の働く女性)

※この記事は2016年04月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE