お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 エクササイズ

季節の変わり目はむくみやすい!? イケメントレーナーが教える「むくみ解消ストレッチ」

武田敏希

長時間のデスクワークのあと、下半身がパンパンにむくんでしまった経験はありませんか? ヒールがきつくなって履けなくなってしまったり、脚が太く見えてしまったり……。こんなやっかいなむくみの症状に悩まされたとき、自分でできるセルフケア方法がわかっていれば安心ですよね。そこで今回は、ストレッチ専門店「e-stretch」で代表を務めるトレーナーの武田敏希さんに、季節の変わり目に起こるむくみのメカニズムと、お家で簡単にできる「むくみ解消ストレッチ」を教えてもらいました。

■この時期は要注意! 季節の変わり目に起こるむくみのメカニズム

冬から春に移り変わるこの時期は、自律神経が乱れやすくなっています。その原因は、季節の変わり目に起こる温度や気圧の変化に合わせて、身体がそれに順応しようと調整するものの、うまく対応しきれないことがあるため。自律神経には交感神経と副交換神経があり、交感神経が血管を収縮させ、副交換神経が血管を拡張させる働きをしています。季節の変わり目は自律神経が乱れやすくなることにより、このリズムの切り替わりがにぶくなるため、身体の循環サイクルが悪くなってしまいます。それが、むくみにつながってしまうのです。

また、ずっと同じ姿勢を続けていることもむくみの原因になります。これは、筋肉の中には多くの血管が通っており、同じ姿勢のままでいると(身体の動きがない分、)血流が悪くなってしまうためです。以上の2点を上手にコントロールできれば、むくみにくい身体作りができるはずですよ。

(監修:武田敏希、文:マイナビウーマン編集部)

【次ページ】イケメントレーナーが解説! 下半身のむくみ解消ストレッチ

お役立ち情報[PR]