お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 エクササイズ

イケメントレーナーが教える「むくみ解消ストレッチ」

武田敏希

長時間のデスクワークのあと、下半身がパンパンにむくんでしまった経験はありませんか? ヒールがきつくなって履けなくなってしまったり、脚が太く見えてしまったり……。こんなやっかいなむくみの症状に悩まされたとき、自分でできるセルフケア方法がわかっていれば安心ですよね。そこで今回は、ストレッチ専門店「e-stretch」で代表を務めるトレーナーの武田敏希さんに、季節の変わり目に起こるむくみのメカニズムと、お家で簡単にできる「むくみ解消ストレッチ」を教えてもらいました。

 

イケメントレーナーが解説! 下半身のむくみ解消ストレッチ

・その1「筋膜リリース」

足の裏の筋膜が縮まっているせいで、この部分に血液や水分がたまってしまっている人がほとんどです。したがって、足の裏に圧をかけ、筋と表面の膜にアイロンをかけて血液をスムーズに流してあげるのがむくみ解消のポイント! これをやるだけで、下半身全体のむくみがすっきりするはずですよ。

(1)ゴルフボールや軟式野球ボール、テニスボールなど、手のひら大の大きさのボールを用意する。
※POINT:足の裏の筋肉が固い人は、柔らかい素材のボールを選ぶと◎。ボールは少しずつ固いものに変えていきましょう。

(2)ボールを足の裏の下に置き、以下の3つの動きをする。
1.プレス:痛いと感じるところまで、ボールに体重を乗せる。
2.スライド:足の裏でボールをグリグリ転がす。
3.ムーブ:プレスの状態から、足の指を閉じたり、開いたり(=グー・パーの動きを)する。

・その2「股関節の筋肉伸ばし」

働く女性は、デスクワークなどにより、座った姿勢でいる時間が1日の大半を占めているのではないでしょうか。座っているときは、股関節の筋肉は縮んだ状態になります。そのまま放置していると、筋肉が伸びにくくなってしまったり、股関節の稼働率が低下したりと、血流が悪くなる原因になるので要注意! この部分の筋肉を伸ばすストレッチも、むくみ解消に効果的です。

(1)右脚の膝を曲げ、前後に開脚する。

(2)左脚を“最大伸展(脚を伸ばせる最大限の位置)”までうしろにひき、股関節まわりの筋肉を伸ばす。

(3)脚を替えて、(1)~(2)と同様の動きを行う。

<まとめ>

いかがでしたか? むくみの症状が起こりやすいこれからの季節。しっかりケアをしないと、下半身がパンパンに膨れて、大変なことになってしまうかも……!? そうならないためにも、武田さんオススメのお家でできる簡単ストレッチを実践して、健康的で美しい身体づくりをめざしてみてくださいね。

(監修:武田敏希、文:マイナビウーマン編集部)

◆ストレッチ専門店「e-stretch」
TEL:03-5577-4872
URL:http://e-stretch.jp/

・大手町店
所在地:東京都千代田区神田錦町3-72-2フジタビル3F
アクセス:東京メトロ表参道駅B2出口より徒歩3分
東京メトロ神保町駅A9出口から徒歩3分
竹橋駅から徒歩3分
・代官山店
所在地:東京都渋谷区代官山14-9 B1F
アクセス:東急東横線「代官山駅」北口から徒歩3分
JR恵比寿駅から徒歩7分

お役立ち情報[PR]