お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もうっ、バレバレだよ? 「この男性、私のことを好きだな」と思った瞬間4つ

ファナティック

いつも声をかけてくれたり、やさしくしてくれたりする男性。自意識過剰かもしれないけれど、「私のこと好きなのかな?」と思う経験、あなたにもありませんか? そこで今回は、どんなタイミングで「この人、私のことを好きだな」と思うのか、働く女子のみなさんに聞いてみました。

別れ際の表情に……

・「帰りにバイバイしようとしたら、『あともうちょっと一緒にいちゃダメ?』って言われたとき」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「普段感情をあまり出さないのに、別れるときにすごく悲しそうにされたとき」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「デートのときに離れがたい表情をしたとき」(28歳/ソフトウェア/技術職)

遊んだ帰り、名残惜しそうにしてくる彼。もっと2人でいたいと思うのは、その人と一緒にいるのが心地いいからですよね。まさに、好きだからという証拠ではないでしょうか。

頻繁に連絡をとってくる

・「まちがえたふりをしてメールをしょっちゅう送ってくるとき」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「用もないのに、しょっちゅう話し掛けてきたり、ご飯に誘ってくるとき」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「いっぱい連絡をしてくれる。『次いつ会う?』って積極的に聞いてくれる」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

「まちがえたふりをしてメール」というのは何だかかわいいですね。特に用もないのに、頻繁に連絡を取ろうとしたり、食事に誘ったりしてくる男性。こちらに気があるというのもバレバレですよね。

よく目が合う

・「通りかかるときに必ずこっちを見ているとき」(31歳/情報・IT/技術職)

・「目で追ってくる。目が合うとニコッて笑ってくれる」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「何だか目が合うときがすごく多く感じたとき」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ふと視線を感じた先には彼の瞳。ただの勘ちがいかもしれないけれど、目が合ってニコッと笑われたら、「私のこと好きなんだな」と思ってしまっても仕方がないですよね。

何かと寄ってくる

・「飲み会で遠くに座っているのに、わざわざ見つけ出して隣に座ってきたとき」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「私が出社すると、一番に顔を上げて話しかけたそうな顔をするのを毎日見るとき」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「職場にいる男性で管理職という権限を生かして(?)毎回のように隣に座る人がいた」(30歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

自分の姿を見つけるとすぐに寄ってくる、話したそうにうずうずしている男性。好意をもたれているのが丸わかりですが、なぜか犬系のものに懐かれているような気分にもなりそうですね。

まとめ

いかがでしたか? 去り際になぜか落ち込んでいたり、頻繁に連絡をとってきたりする男性には「この人、私のこと好きなのかも」と思うもの。もしかすると、気づいていないだけで、あなたのまわりにもこんな男性がいるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数168件(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]