お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

やだ、キュンとしちゃう! 「女性が本当に喜ぶ褒め方」5選

ファナティック

特別な好意を抱いていなくても、異性から褒められるとうれしいものです。「え!? そんなところも見ていてくれたんだ!」と、恋がはじまってしまう可能性も十分にアリ!? 女性が男性から言われて、思わずうれしくなってしまう褒め言葉について、女性たちの意見を紹介します。

王道ですが、やっぱりコレ!

・「外見を褒められること。普段なかなか褒められないから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「きれい、かわいい。あまり言われないけど、ふいに言われるときがある。どういう意味なのかはわからないけど、結局はお世辞だろうなぁと心の中で思ってる」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「外見。みんな褒められるとうれしいと思う」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

女性たちにとって「かわいい」「きれい」は最強! この基本、周囲の男性たちには、ぜひ知っておいてもらいたいですね。お世辞でしょ……と思いながらも、ついウキウキしてしまいます。

笑顔

・「『笑顔がかわいいね』と言われること。笑顔には自信があるので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

単に外見を褒められるよりも、ずっと真実味が増すのが、こんな方法です。照れずにストレートに伝えてください。

内面

・「見た目ではなく、中身を褒めてほしい。見た目はいかようにもなるけど、中身はちゃんと向き合わないとよさがわからないから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「『一緒にいると楽しい』。外見だけじゃなくて中身を見てくれていると感じるから」(25歳/小売店/クリエイティブ職)

・「外見ではなく、内面を褒めてくれるとうれしい。仕事の先輩が、後輩への気配りを褒めてくれたときは、うれしかった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

こちらは、外見ではなく内面を褒めてほしい、という意見です。長い付き合いの男性から、こんなひと言をしみじみと言われたら……「がんばってきてよかった!」と思えるのでは?

頭ポンポン

・「頭をポンポンされる。きゅんとする」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「『がんばったね』と頭をトントンされること」(30歳/医療・福祉/専門職)

相手を褒める気持ちを伝えるための方法は、実は言葉だけではありません。女性たちが切望しているのが、頭ポンポン! ただし、「好きな人限定」であることも多いので、注意してください。

ピンポイントで

・「『今日の服、似合っているね』など。おしゃれを褒めてほしい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「髪の毛とか、肌とか、普段自分が重点的にケアをしているところを褒めてくれるとうれしいです」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

細かいところまでがんばっているからこそ、気づいてほしいと思うのが女心。男性的にはちょっと難しいかもしれませんが、その分、うまくいったときには好感度が倍増します!

褒めることは、相手のことを認めるということでもあります。いいところを積極的に褒めることで、心の距離も近づいていくはず……!? 褒めてもらったときは、もちろん、最高の笑顔で「ありがとう」と伝えてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数201件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]