お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

ひどい!! 私を傷つける男性の何気ない一言 「最近太った?」「まだ結婚できないの?」ほか

ファナティック

女性に比べて、男性は割とストレートに話をしてくる傾向にある気がしませんか? しかし、あまりにもオブラートに包まないその言葉に、女性は傷ついてしまうこともあるのです。そこで今回は女性のみなさんに、自分を傷つける男性の何気ない言葉について、教えていただきました。

人格や性格を否定する言葉

・「『いつも悩みとかなさそうだよね』。そんなことはない」(33歳/その他/事務系専門職)

・「『その考え方嫌いやから』と言われた」(30歳/その他/その他)

・「自分の性格を当てられ、ひどいことを言われるとき」(27歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

自分の性格や人格を決めつけられたり、否定されるような言葉を言われると、とても傷つきますよね。たとえそう思っていたとしても、それを口に出さないのが大人のマナーだと気づいてくれるとうれしいですね。

化粧について濃いとか薄いとか……

・「『化粧が濃いね、派手だね』、など」(30歳/その他/その他)

・「『今日は化粧が濃いね』と言われること」(32歳/農林・水産/事務系専門職)

・「外出前に『化粧するの待つよ』と言われた。すでにしているんですけど……」(31歳/その他/その他)

化粧について、男性からこんな風に言われたら、女性としてはショックかもしれませんね。男性からするとよかれと思って言っているのかもしれませんが、ハッキリ言って余計なお世話です。

身体的なコンプレックスを指摘

・「身体的コンプレックスについて言われる」(34歳/その他/その他)

・「容姿について気にしていることを指摘されると嫌だ」(32歳/その他/その他)

・「『最近太った?』と聞かれること」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

誰でも身体的なコンプレックスのひとつや2つは持っているものですが、それを指摘するのはデリカシーに欠けていると感じても仕方がないかも。男性同士で平気で言い合うことがあるかもしれませんが、女性に同じことを言うのは問題外かもしれませんね。

結婚についていじる

・「『結婚しないの?』とか『彼氏いるの?』と言われると、1人のときは傷つく」(29歳/その他/その他)

・「『早く結婚した方が良いよ、売れ残りだよ』と言われる」(30歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「『まだ結婚できないの?』」(26歳/アパレル・繊維/営業職)

男性から、結婚のことを聞かれたり、早く結婚を促すようなことを言われたりしたら、デリカシーに欠けていると感じてしまうかもしれませんね。男性と同じ年齢だとしても、女性のほうがマイナスに取られがちなことも、女性が傷つく理由なのかもしれません。

まとめ

女性が傷ついた男性の言動は、あまり深く考えず、思ったことをそのまま口に出してしまった結果なのかもしれませんね。一つずつ気にしていては身が持ちませんので、ほどほどに流して聞けるような余裕が持てると、お互いに気楽でいられるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数412件。22歳~37歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]