お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

一緒に歩きたくない!? 彼女がドン引きした彼氏のファッション5選

chan-rie

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

いくら大好きな彼でも、受け入れられないものはあるはず。たとえば、彼のファッションを見て「いくら好きでもこの服は無理!」とドン引きしたことがある女子もいるのではないでしょうか。彼女が思わず「それはないよ!」と突っ込みたくなってしまった、彼氏のファッションをご紹介します。

ボロボロすぎるジーンズ

「オシャレではなく、明らかに転んで破けたようなジーンズを彼が履いている。破れ具合にも限度があるので、そろそろ捨ててほしい」(28歳/アパレル)

オシャレの域を通り越すほどボロボロなデニム。着こなしの難易度が高すぎるアイテムは、捨てるという無難な選択をしてくれたほうが彼女としては安心です。

先の尖った靴

「私の一番嫌いなトンガリ靴を彼がデートに履いてきて、寒気がした。だけど性格も顔もタイプなので、付き合うことに。どうしたら彼がちがうものを選んでくれるか、いろいろと考えている」(24歳/IT)

トンガリ靴が嫌いな女子は一定数いるようです。「チャラい男に見えるから嫌」という意見も。ただ、どうやったらちがう靴を選んでもらえるかは難しいところ。

謎の英単語が入ったTシャツ

「『中学生かよ!』とツッコミたくなるTシャツを好む彼。ドン引きしたのは“I can fly”と“dream boy”と書かれたもの。彼はオシャレのつもりで堂々と着ているけど、私は一緒に歩きたくないぐらいイヤ!」(30歳/広告)

「なぜその英単語?」と思うようなものがTシャツに書かれていることはよくあります。「変な日本語が書かれたTシャツを着ている外国人」の写真を見せるなど、さりげなく気づかせるアプローチをしてみては。

ピンクばかりを好んで着る

「ビビットカラーが大好きな彼は、何からなにまでピンクで統一。目がチカチカするし、なによりすれちがう人に『林家ペーかよ』と笑われているので、本当にやめてほしい」(27歳/学校)

ピンクを着るのが悪いわけではありませんが、さすがに全身一色は避けたいところ。ファッションで取り入れるならワンポイントで使う程度がよさそう。

高校時代に着ていたジャケットを今でも愛用

「物持ちがいいのはいいことだけど、高校時代のジャケットを30代になっても着ているのはちょっと……。『もっといいもの買えるでしょ?』と注意しても着やすいから、と聞く耳をもたない」(30歳/金融)

流行は時代を巡るとはいえ、今の時代に見合った服装とはどうやらちがうようです。「年齢や収入に見合った服を着てほしい」という彼女の気持ちもわかります。

どの男性も、自分なりのこだわりが強いために彼女をドン引きさせてしまっているようです。彼らのプライドを傷つけないように指摘するのは難しそうではありますが、それとなく嫌がっていることを伝えてみてもいいかもしれません。

※画像はイメージです

(chan-rie+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]