お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

かわいくてもムリ! 男性が女性に対して「だらしない」と感じるポイント3つ

ファナティック

見るからにだらしないと思わせる女性や、一見きちんとしていそうだけどじっくり見てみるとズボラそう。男性にこんな印象を持たれてしまう女性って、ちょっと残念ですよね。常に気合いを入れている必要はなくても、最低限の女性らしさは忘れたくないもの。今回は、男性たちが女性のだらしなさを見破るポイントについて聞いてみました。

バッグや靴が汚い

・「鞄の中。やたらでかいカバンで、中身がぐちゃぐちゃ。整理したら半分ぐらいの大きさでいけるのに、と思います」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「バッグとか靴が汚れている。細かい部分にも気を使ってほしいから」(31歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ハンカチを携帯していない。鼻を頻繁にすする。自分でも最低限心がけていることをできていないのは、ちょっとがっかりする」(22歳/その他/その他)

何が入っているのかわからないほど大きなバッグを持ち歩いていて、中身はぐちゃぐちゃ。必要なものもすぐに出せないくらい整理されていないバッグを持っている女性を見て、だらしないと感じる男性は多いようです。どんなにお洒落なバッグでも、中身に気が使えていないと台なしですよね。

部屋が散らかっている

・「掃除ができない。整理整頓は基本的な部分だから」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

・「部屋の掃除が適当。女性の部屋はホコリがすごいことが多く、角をちゃんと掃除してないから」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「脱いだ衣服をその辺りに置いておく。はたから見たら清潔感がないと考えないのだろうか?」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

部屋の掃除は生活の基本的な部分。それができていない女性には、残念に思う男性が多いようです。

身だしなみに気を使わない

・「髪がパサついている。髪の手入れは女のたしなみだと思うから」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「シャツにしわがよっているなど、自分の格好にあまり気を使っていないと部屋も散らかっているのではないかと邪推してしまう」(30歳/その他/その他)

・「鼻毛が出ている場合は絶対にNG」(39歳/電機/技術職)

身だしなみを整えるのは、女性としてのたしなみだと思っている男性も。確かに、人に不快感を与えてしまうようではNGですね。

毎日、仕事で忙しいと、「部屋の掃除やバッグの中身の整理なんてしてられない!」と思う女性も多いことでしょう。それがたまたまなら男性たちも見逃してくれるかもしれませんが、いつものことだと「だらしない女性」と思われてしまいそうです。どこか一カ所でだらしなさを感じさせてしまうと、ほかの面でもだらしないと決めつけられてしまうことも。日ごろから最低限のことはしておけるよう、気をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数129件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]