お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性が、女友だちを「女」として意識する瞬間3選

ファナティック

異性とはいえ、女友だちはあくまでも「友だち」であって、恋愛感情を持つことはない。そんなふうに考えている男性は多いかもしれませんが、ふとした瞬間に異性を感じさせられるような言動を見せられると、ただの友だち以上の感情を持ってしまうことも。そこで今回は、男性のみなさんに「女友だちを異性として意識する瞬間」について聞いてみました。

相手のやさしさを感じたとき

・「一緒にいて楽しいと気づいたときに意識した」(28歳/情報・IT/技術職)

・「相手が自分にやさしくしてくれたときにドキッとしたりするとき」(28歳/情報・IT/技術職)

・「気使いを感じたとき、癒されたから」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

その女性と一緒にいて楽しんでいる自分に気づいたとき、相手が自分にやさしさを見せてくれたとき。そんなときに、友だちではなく女性という存在として自分の中で大きくなったことを実感するようです。相手を大事にしたいという気持ちが愛情に変わるのかもしれませんね。

普段とちがう格好をしているとき

・「ドキッとするファッションをしてきた。露出度の高いものを着ていた」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「かわいい格好をしている。いつもとちがうと意識する」(31歳/農林・水産/技術職)

・「身体のラインを見てしまったときにドキッとして」(26歳/農林・水産/技術職)

見慣れているファッションとはガラリと雰囲気のちがう洋服を着ている姿を見てドキッとしてしまう。ギャップを見せられたときに女友だちを異性として意識することもあるようですね。いくら友だちだと思っていても、ボディラインが強調されたファッションを見て「女だったんだ」と思わずにはいられないようです。

弱さや甘えた姿を見せられたとき

・「ちょっと弱っている姿を見たとき」(22歳/その他/その他)

・「お酒に酔って、甘えてきたとき。色っぽいと感じたから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「女性らしいか弱さが見えたとき。女性っぽさが伝わるから」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

女友だちがお酒に酔っている姿を見て色っぽさを感じたり、ちょっと気弱になっているところを見せられて女性っぽさに気づいたりということもあるようです。友だちとしか思っていなかった相手でも、か弱い部分や甘えを見せられると男性の保護本能が刺激されてしまうのかもしれませんね。

女友だちだと思っていてもやっぱり「異性」。それを再認識してしまう瞬間っていろいろとあるようです。それまで同性の友だちと同じような感じで付き合っていたのに、急に「女」としての部分を見せられると友だちとしてよりも異性という気持ちの方が大きくなってしまうのかも。もし男友だちの中に気になる人がいる方は、普段よりも少しだけ「女性らしさ」を意識するようにすると、ドキッとしてくれるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数122件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]