お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ファッション全般

ああ、残念すぎる……! 「ダサいな」と思う女友だちの特徴7選

余計なお世話だとは思いつつも「この子、もっと髪や服に気をつかえばかわいくなったり、きれいになったりするのに……」と思う女友だちはいませんか? 面と向かってはなかなか言えないものですよね。というわけで、今回は働く女性に「ダサいなと思う女性の特徴」について聞きました。

子どもっぽい・甘すぎる服装

・「フリフリのような甘すぎる格好」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「子どもみたいな服装をしている」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

子どものときの服を引っ張りだしてきたような女性やフリフリの甘すぎる服を着ている女性を見かけると「イタイな」と思ってしまうことも……。

古臭い

・「服装も髪型も昭和な感じ」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「何年も前の服を着ている。形が古くてダサい」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「メイクと髪型が更新されてない」(31歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

いくら流行はめぐるものと言っても、昔のファッションや古いファッションはパッと見でわかるものです。

安っぽいor全身ブランド

・「安っぽい服や靴を身に付けている人」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「服装が何となく安っぽい」(34歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「全身ブランドで固める人」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

安っぽい服や小物が目立ってしまっている人や逆に全身ブランドで固めている人も。互いをうまくミックスさせて着こなせればよいのですが、なかなか難しいようです。

自分に合っていない

・「自分に似合っていないのに『流行だから』という理由でファッションを選ぶ人」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「ゆったりカジュアルじゃなくてダボダボすぎる服」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「全体的にゆったりしすぎてもっさりしている。体型隠したい気持ちが裏目に出ている」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「サイズの合っていない服を着ている友人」(23歳/医療・福祉/専門職)

サイズや体型に合っていない服を着ている人も「ダサい」と思われるようです。自分自身をじっくり鏡で見つめて、自分の長所や短所をしっかりと把握した上で服を選びたいものです。もちろんサイズ感は重要なので、服を買うときにしっかり試着しましょう。

地味

・「ベージュ、黒、グレー、白のパターンの服のみ。オフィスカジュアルにしては色味がない」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

無難なファッションに走って地味な服装をしている人は印象に残らないですね。小物にはキレイな色のものを取り入れるのもよいかもしれませんね。

おばさんorおじさんっぽい

・「ショートカットがおばさんくさいひと。ショートカットは小顔な人以外がするときはきをつけないとおばさんそのものになる」(34歳/運輸・倉庫/その他)

・「おじさんっぽい黒縁メガネの子。もっとおしゃれでかわいいメガネにすればもてる思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

一歩まちがえれば流行の髪形やアイテムも「おじさん」「おばさん」っぽい印象に。トレンドを取り入れつつ自分に似合ったアイテムを選ぶようにしたいですね。

髪がボサボサ

・「髪がボサボサ。服装をがんばってもイマイチ決まらない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「髪の毛がボサボサ」(27歳/その他/その他)

いくらファッションが決まっていても髪の手入れができていない人はとても残念な印象に。特別なことをする必要はないですが、毎日のお手入れをきちんとしましょう。

まとめ

いかがでしたか? まずは自分自身を鏡でしっかり見て自分の体型を把握することが大事ですね。自分の体型の短所や長所がわかればおのずと似合う服やアイテムもわかってくるはず。服を購入するときは試着もしっかりしましょう。店員さんのアドバイスを聞いてもよいかもしれません。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』調べ。(2016年2月にWebアンケート。有効回答数144件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]