お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子の本音を直撃! 気になる女性にだけ送る「好き」のサイン3つ

ファナティック

ぶれいくたいむ意中の相手への気持ちが大きくなればなるほど、その人だけにしか見せない言動や態度って増えてくるような気がしませんか? 今回は男性のみなさんが意中の女性にしか見せない態度や言動について聞いてみました。

優しく接する

・「好きな人には特別優しくなったり、気にかけたりする」(26歳/その他/技術職)

・「重たい荷物を持っているときに、何も言わずにいくつか持ってあげるなど、気づかう」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ご飯をおごってあげる」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

好きな人のことはいつでも気になってしまって、困っているなと感じたらすぐに手助けしたり、気づかったりしてしまう。ほかの女性には見せない優しさを見せるのは、意中の女性にだけという男性は多いようですね。いつもは割り勘主義だったとしても、好きな人に対しては食事をおごることもあるみたいです。

積極的に話しかける

・「その人にばかり話しかける」(36歳/情報・IT/技術職)

・「褒める! これは好きな女性にしかしない」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「話かける頻度が多くなり、プライベートの話題などを自身から話したり、聞いたりするようになる」(38歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

ほかの女性だと世間話くらいしかしないし、自分から積極的に話しかけることはないという男性も好きな女性には自分からガンガン話しかけるようになるみたいですね。話題も当たり障りのないことではなく、彼女のことをもっと知りたいということでプライベートに一歩踏み込んだものになるようです。

マメに連絡する

・「連絡をマメにとる」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「頻繁にメールしたりする」(31歳/情報・IT/技術職)

・「LINEでハートマークをつける」(28歳/金融・証券/専門職)

男性って、めんどくさがってメールの返信が遅かったり、素っ気なくなりがちなこともありますが、好きな女性に対してはマメにメールを送ったりするそうです。相手からの連絡を待つだけでなく、自分からメールしたり文面にハートマークを多用したりと明らかに態度がちがってくるみたいですよ。

誰よりも大事にしたいという気持ちが自然と行動に表れてくるのかもしれませんが、好きな女性とは話す頻度が増えたり親切にしたりする機会が増える男性は多いようです。少しでも意中の女性によく思われたい、好きな気持ちにも気づいてもらいたいということで意識せずにこういう言動が出てくるのでしょうか。気になる男性が自分のことをどう思っているのか知りたいときは、ほかの女性とちがう扱いをしてくれるかどうかをチェックしてみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数98件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]