お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 本・マンガ

アラサー女性続々共感! 私もタラレバ娘●%

ファナティック

最近、話題になっている東村アキコさんのマンガ『東京タラレバ娘』。未婚女性のハートをグサリと突き刺すようなマンガで、アラサー女子に人気があります。そこで今回は社会人女性に『東京タラレバ娘』について、お話を聞いてみました。

Q.東村アキコさんのマンガ『東京タラレバ娘』に出てくるような「~だったら」「あのとき●●してれば」といったことをよく口にする女性「タラレバ女」に共感できますか?

・共感できる……35.2%

・共感できない……64.8%

およそ6割近くの女性が共感できないといった答えに。前向きに考える女性が多いようですね。みなさん、どのような意見だったのでしょう。詳しく見てみます。

<共感できる派の意見>

■自分もそう思う

・「自分でも、いろんな決断したあと、ひきずってしまうタイプなので、わかる気がする」(24歳/食品・飲料/その他)

・「自分でもよくそう考えてしまって違う未来があったんじゃないかと思ってしまうから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「自分もよくそのように思うから」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

自分も同じように、つい決心した後、後悔してしまうことがあるので、共感できるという意見が多く見られました。一度決めたつもりでも、悔やんでしまうことはありますものね。

■過去を振り返ってしまう

・「過去を振り返って、もっと上手く出来たのではないかと思うことが多いので」(28歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「過去のことをよかったなぁと思うことがたびたびあるから」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「過去を変えられないのは分かっているけれど、気持ちを安定させるために、過去を振り返ってしまうことがある」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

現在が上手くいっていないと、つい過去を振り返ってしまい、ちがう未来があったのではなんて考えてしまうこともありますよね。過去が幸せすぎると、なおさらかもしれません。

<共感できない派の意見>

■悔やんでも仕方ない

・「起こったことをどうこう言っても仕方がないと思う」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「過去はどうしたって変えられないんだから、決めた道が正しかったと思って突き進むしかない」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「過去のことをグダグダ言っても仕方ないし、後ろ向きだと思う」(32歳/金融・証券/営業職)

既に起きてしまったことを悔やむよりも、自分が決めた道が正しいと思って進むことがいいと思うしかないと考える、前向きな方は多いようです。今さら悔やんでも、どうしようもないことですものね。

■言う前に行動する

・「後でゴニョゴニョ言うぐらいなら、そのときに思い切って行動しておけと思うから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「口にするくらいなら最初から行動すれば良い」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・「そんな言うならそのときやっときゃよかったじゃん。と言いたくなるから」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

後でこうだった、ああだったと後悔するぐらいなら、そのときに行動しておけばいいと考える方も少なくないようです。誰もが思い切って行動できるのなら、いいのかもしれませんが、なかなか難しいかもしれませんね。

まとめ

タラレバ言ってしまう女性に共感する人もいれば、否定的に見る人もいるようです。たしかにタラレバ言っても過去には戻れない以上仕方はありません。でもそう言ってしまう気持ちもわかる女性が多いからこそ、あの作品は支持されているのでしょう。まだ読んだことのない方は、一度手にとって見てはいかがでしょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年12月にWebアンケート。有効回答数196件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]