お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もう限界っ! 大人女子が彼氏との別れを決意したきっかけ4選

ファナティック

ベッド人生は限りあるもの。できる限りムダのない充実した時間を過ごしたいと考える女性にとって、幸せでない恋愛とは一刻も早くおさらばしたいもの。付き合っている意味を見いだせず、彼氏と別れたいと思ったきっかけを、社会人女性のみなさんに聞いてみました。

自分を大切にしてくれない

・「どれだけメールしても、向こうからは全然メールしてくれなかったとき」(32歳/情報・IT/技術職)

・「誕生日に友人を優先させて、会ってくれなかったとき」(30歳/情報・IT/営業職)

せっかく付き合うなら、お互いを大事にして愛情のある関係を築きたいですよね。ですがいくら自分が相手のことを好きでも、相手からの愛情を感じられないと、もっと自分を幸せにしてくれる人がいるのではないか……と思ってしまいます。

束縛が激しい

・「毎日のように電話してくる。ウザいなと思って」(33歳/自動車関連/事務系専門職)

・「束縛がひどくて1日に何回も電話がくる」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

何事も適度であることが大切。初めのうちは大事にされてるなぁと幸せを感じていた相手からの連絡も、度が過ぎると窮屈に感じることも。そればかりか監視されているような気分になり、お互いに対する疑念が生まれてしまいます。

想像以上に子どもだった

・「鉄道マニアで電車の部品ばかり集めている。部品買うイベントで購入番号を決めるくじを引くのですが、そのときに私の番号が悪いと機嫌が悪い」(25歳/食品・飲料/技術職)

・「彼氏といて、自分が成長できてないと思ったとき」(31歳/その他/その他)

男性の中の少年性は時として女性を癒しますが、気分が安定しなかったり、一緒にいることで自分もどんどん子ともどもっぽくなってきていると感じるようなら関係を見直したほうがいいかもしれませんね。

オンナ好きの一面が見えたとき

・「ほかの子に目移りしている。その子の話ばっか」(33歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「私の友人に手を出そうとしていたとき」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

問答無用、これ以上関係を続けても、自分が幸せになれる気がしません。二人の幸せのために自分がいくら努力しても、いつか女関係で傷つけられるのが関の山。改善の余地がないならどこかで手を打つ勇気も必要です。

まとめ

相手のことがただ好きで、恋している自分に酔っていたのは昔の話。少し冷静になってみると、今の関係に疑問を持ってしまうのも仕方がないことです。お互いにストレスがたまる関係は心にもいい影響を与えません。一緒にいて幸せになれるパートナーと巡り合えるといいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数248件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]