お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 節約・貯金

ある意味賢い!「私が一人暮らしでこっそりケチっていること」

ファナティック

一人暮らしを始めると、予想以上にお金がかかってしまい、驚いた人も多いのではないでしょうか。節約をしないと、生活が苦しくなってしまうものですよね。そこで今回は女性のみなさんに、一人暮らしでこっそりケチっていることについて、お話を聞いてみました。

トイレは外出先で

・「トイレはできるだけ外出先で利用している。節約になるし、掃除も楽になるので」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「トイレをなるべく外出先で済ましてから帰宅」(31歳/商社・卸/販売職・サービス系)

・「トイレはなるべくスーパーや職場ですませる」(33歳/その他/その他)

少しでも水道料やトイレットペーパー代を節約できるように、トイレは外でするように心がけている方は多いようですね。小さなことも積もっていくと、大きな節約になるものです。

食費

・「食費。激安スーパーで買う。お菓子は買わない。コンビニ禁止」(34歳/その他/その他)

・「食費。食べ物にお金を使いたくない」(26歳/医療・福祉/その他)

・「食費。一人のときはほとんど食べない」(24歳/金融・証券/事務系専門職)

一人暮らしでケチろうと思ったら、まず考えられるのは食費です。買い物はディスカウントショップなどを利用するようにし、コンビニで買い物は厳禁にするなど、徹底したいものです。

電気代

・「照明をなるべく使わない。電気代節約」(30歳/その他/その他)

・「電気代。一人のときは設定温度を低めにしている」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「コンセントは使わないときはとことん抜いておく。ドライヤーは使わずに、暖房で乾かす。電気代節約のため」(23歳/医療・福祉/専門職)

光熱費の中でも、特に高くついてしまうのが電気代ですね。コンセントを全て抜くのは基本として、照明をつけないようにしたり、エアコンの設定温度を下げるなど、工夫が必要です。

洗濯代

・「洗濯の頻度。何回も着られるものは限界まで着てから洗う」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「洗濯は毎日しない」(31歳/その他/事務系専門職)

・「衣類や下着を数日着まわすこと」(29歳/機械・精密機器/技術職)

衣類を毎日のように洗濯すると、水道代も洗濯代もかかってしまうものです。ニオイがしなければ、何回も着まわすのは、一人暮らしの常識?なのかもしれませんね。

終わりに

他にもお風呂の回数を減らしたり、外食はしないなど、こっそりケチっぷりを発揮している方は多いようです。ケチとはいえども、節約をすることは決して悪いことはないので、がっちり節約していきましょう。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数405件(22歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]