お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

好印象の秘訣はコレ! 男性がグッとくる「初デートのお礼メール」3選

気になる男性と初デートを終えたとき、みなさんはどんな風にお礼を伝えていますか? 直接や電話もいいけれど、気軽かつ文章に残るメールでさらっとお礼を言いたい! という女性も多いはず。そこで今回は、男性たちにドキッとする「初デートのお礼メールの内容」について本音を教えてもらいました。

「また」を入れておく!

・「『また行きたいです」の言葉。リピートの意思は満足の証」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「『また会ってください』と言われてうれしかったし、また誘いやすい雰囲気でよかった」(29歳/食品・飲料/その他)

・「『また来週会いましょう』。社交辞令ではないから」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

女性は、好きな相手となら何度でも会いたいと思うもの。したがって、メールの文中に「また」を入れておくと、男性側も「次に会う意志があるんだな。自分のことを気に入ってくれたんだな」と、ドキドキしてしまうようです。

次の約束は女性から

・「『次は~に行きましょう・行きませんか』という、次回につながるような内容のメールをもらうと、今後も続いていくんだなということが感じられてとてもうれしい」(30歳/通信/事務系専門職)

・「次回の約束。うまくいったということだから」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「次回の簡単な約束。今回限りで終わりでなく、まだ可能性や脈があるのだとわかる」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「また会いたい」と今後をほのめかす内容のメールもいいですが、もし本当に会いたければ、女性のほうから次のデートの日時を具体的に提案してみることも効果的なようです。誘うのは少し勇気が入りますが、相手に自分の気持ちが伝わって意識してもらうことができるかもしれませんよ。

お礼の気持ちをシンプルに!

・「お礼の気持ちを伝えたいと感じる内容ならなんでも好印象」(34歳/その他/その他)

・「シンプルに『ありがとうございました』というメールが好印象を覚えます。この人気がきくなぁという印象がもてる」(37歳/情報・IT/技術職)

人に好印象を与えようと思って、ついついうまいことを言おうと思ってしまったことはありませんか? 凝ったメールもいいけれど、お礼を言いたければシンプルにデートの感想と感謝の気持ちを書いたメールが一番心に響くのかもしれませんね。

<まとめ>

初デートのあとの連絡は、今後のお付き合いに大きく影響します。二度目のデートを狙うなら次を意識させるワードをちりばめると効果的ですし、そうでなくともお礼を言うだけで好意を持ってくれる男性もいるようです。ぜひ男性たちの意見を参考にして、好印象なお礼メールを心がけてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月13日~1月18日
調査人数:202人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]