お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼の本音! 「母親の料理」と「彼女の料理」どっちが好き?

ファナティック

かりー彼に手料理を振る舞うとき、味付けに気をつかう人も多いのではないでしょうか。どうせなら彼の好みに合わせた味付けをしたいですよね。そこで気になるのが「彼のお母さんの味付け」。今回は男性のみなさんに「彼女・奥さんが作る料理」と「お母さんが作る料理」どちらのほうが、より好きなのか、ズバリ本音を聞いてみました!

<彼女・奥さんが作る料理が好き!>

■味付けが若者向き!

・「味つけが若者向きだから」(31歳/自動車関連/その他)

・「好きな味なので」(31歳/金融・証券/専門職)

・「ハーブや香辛料を上手に使っていておいしいし、盛り付けもおしゃれだと思うから。特に洋食系は彼女のほうがおいしいと思う」(31歳/学校・教育関連/専門職)

「彼女・奥さんが作る料理が好き」と回答した人からは「味付けが若者向きだから」などの声がありました。彼のお母さんがいつも作っている料理よりも、彼女や奥さんの料理のほうがオシャレなイメージがありますよね。

■好みに合わせて作ってくれる!

・「自分の好みに合わせてくれるので」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「自分の好みに合わせて作ってくれるから」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

・「味つけはこうしてほしいと頼みやすく、色々と変えてくれるから」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「自分の好みに合わせてくれるから」という声も。お母さんの料理の味付けには口を出しにくいですが、彼女や奥さんなら「もうちょっと濃い目で」など、自分の好みの味を言いやすいという男性も多いようです。

<お母さんが作る料理が好き!>

■慣れ親しんだ味から離れられない!

・「昔から食べなれた味なので、親しみを感じるから」(35歳/建設・土木/技術職)

・「生まれてから、ずっと食べているからおいしく感じる」(28歳/金融・証券/専門職)

・「育ってきて慣れ親しんだ味だから離れられない」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「お母さんが作る料理が好き」と回答した人で多かったのは、「親しみがある」という声でした。生まれたときからずっとお母さんの手料理を食べているので、安心感があるのかもしれませんね。

■彼女にお願い。早くおかんを抜かしてください!

・「彼女が料理をしないから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「慣れ親しんだ味なので。あと2、3年もすれば嫁の味に慣れるのかもしれない」(31歳/電機/技術職)

・「まだ評価するほど食べたことないから。早くおかんを抜かしてください(おかんはそこまで上手ではないから)」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「彼女が料理をしないから」という声もありました。また「2、3年もすれば、嫁の味に慣れるのかも」や「早くおかんを抜かしてください」という要望も! 彼女や奥さんの立場としては、料理の腕を磨きたいところです。

「彼女・奥さんが作る料理が好き」という人と「お母さんが作る料理が好き」という人から、それぞれの意見をご紹介しました。手料理を作ったときに「おいしい!」と言ってもらえるだけでもうれしいですが「俺の母親が作る料理よりおいしい!」は、女性にとって最高の褒め言葉ですよね。料理が苦手な人は、練習して彼をうならせてやりましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数94件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]