お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

うれしいけどゴメン!! ご飯代が男性のおごりでも、行きたくないと思う男性側の原因4つ!

ファナティック

あなたにとって、男性と食事をすることはどんな意味を持ちますか? おごってくれるのはラッキーだと思っても、それだけの理由では行きたくない場合もありますよね。男性のおごりでも一緒に食事には行きたくないと思う原因を、社会人の女性に聞いてみました。

■食事のマナーが悪い

・「態度が横柄だったり、食事のマナーがなってない人とは嫌です。食事中に人の悪口ばかり言ったり、偉そうな態度が目立つ人は食事がおいしくなくなります」(30歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)
・「食べ方が汚いなどの食事マナーが酷い男とはご飯に行きたくない、クチャラーは最悪、店員に偉そうにするような男も嫌。すごく不快だし一緒にいるこっちも恥ずかしくなるから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

これはもう言わずもがなの最低条件でしょう。せっかくの食事なら気分よく食べたいもの。マナーの悪さは教養がないようにも捉えられてしまいます。一緒にいるだけで恥ずかしい思いをするのはご免です。

■ひしひしと感じる下心

・「完全にその後を望まれてるのがわかったとき。ご飯だけでヤレると思うなよ」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「明らかに体目当てなのがわかるとき。『食事をおごったんだからそれくらいいいだろ!』と強要されても困るから」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

男性は下心がなければ女性を食事に誘うことはないと言われていますが、たとえそれが事実だとしてもあからさまに下心が見えると引いてしまいますよね。その後を期待しているような態度なら、いくらおごりでも断ったほうが賢明でしょう。

■話がつまらない

・「話がおもしろくない。生理的に受け付けない。一緒にいるだけで負担に感じるから」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「うんちくを語る人。気取った人とは行きたくない。いくらおいしいものを食べていても楽しくなさそうだから。一方的に向こうが話をしていて、まったく盛り上がらない」(25歳/食品・飲料/経営・コンサルタント系)

自分より目上の男性に誘われた場合は、ちょっと覚悟する必要があるかもしれません。特にお酒が入ると時間を忘れてうんちくを語る人がいるので要注意。食事の後にはどっと疲れが襲って来るでしょう。

■期待されても困る人

・「男性に人間的魅力を感じないとき。こちらに好意を寄せていても、期待させられないとき。後々付き合いを続ける場合でなければ、メリットがなければ行かないと思う」(28歳/情報・IT/技術職)
・「こちらに好意がまったくないのに、しつこく誘ってくる。人の迷惑を考えられない人だという印象になるので」(23歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

「期待させたくないなら行くな」と言ってしまえばそれまでですが、すべての誘いを断るのは社会人としては難しい場合もあります。こちらが乗り気じゃないなら誘わないなど、男性にはぜひとも空気を読んでいただきたいものです。

■まとめ

タダでご飯が食べられるというメリットと、一緒に食事に行ったときのデメリットを天秤にかけて、デメリットのほうが重いようであれば行きたくないですよね。「おごりだから」と軽い気持ちでついていった結果が悲惨なものとならないよう、相手の意図を考える必要がありそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数151件。22歳~35歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]