お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

貯金ゼロよりもそれで平気な性格が心配! 女性が結婚相手に求める貯蓄額って?

ファナティック

結婚をするとなると、相手の懐具合がどれほどなのか、やっぱり気になるもの。年齢にもよりますが、まさかの貯金ゼロだと、結婚を考え直してしまうかもしれませんね。そこで今回は働く女性に、相手にいくらぐらい貯金があれば安心なのかを聞いてみました。

■100万円以上300万円未満

・「100万円くらい。ある程度貯金できる=経済観念がしっかりしている、という感じがするから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「200~300万円はあってほしい。式を挙げるにもお金がかかるので」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「200万円くらい。結婚資金と急に無職になったときの1年分の生活費分はほしい」(27歳/電機/事務系専門職)

最低でも100万円以上は貯蓄しておいてほしいと思う人が多いようです。結婚をするのなら結婚資金も必要になってくるので、ある程度の貯金はしておいてほしいもの。

■300万円以上500万円未満

「300万円くらいは最低でもほしいです。あとは、お互い協力すればいいので」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「300万円以上。何かあってもしばらくは生活できそう」(28歳/通信/販売職・サービス系)

・「300万円くらい。貯金がない場合、そのこと自体より性格が心配」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

もしも何かあったことを考えると、300万円以上は貯金がないと不安になってしまうのかも。リストラにあったり、会社がなくなってしまったことなどを考えると、次の仕事を決めるまでの生活費がないと不安ですよね。

■500万円以上1,000万円未満

・「500万円くらい。新居と家具などを用意しても、余裕が残るくらいあってほしい」(34歳/その他/その他)

・「500万円くらい。急にリストラにあったり、病休になっても1年くらい暮らせる蓄えがほしいから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「800万円。家がほしいし、仕事をやめて専業主婦をしたいしね!」(29歳/運輸・倉庫/技術職)

結婚をする場合、結婚式の費用だけでなく、家具や新居にかかる費用や引っ越し代など、さまざまなお金がいるものです。500万円以上貯蓄があると、安心して結婚できそうですね。

■1,000万円以上

・「1,000万円。何があってもこの金額があれば無収入でも1年は暮らせるし、事業を起こすことも視野に入れられる」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「1,000万円。自分ももういい年齢なので、自分よりは多くないと嫌」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「1,500万円。当分の住居費と生活費のため」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

なかには1,000万円以上の貯蓄がないと、嫌だという人もいるようです。相手の年齢にもよると思いますが、ある程度年齢を重ねているのなら、それぐらいは望んでしまうかもしれませんね。

■まとめ

結婚するなら、やはり相手に貯蓄がないと不安に感じてしまうものです。貯蓄をしていない場合、相手が浪費グセがあるかもしれないとか、性格に問題があるかもと疑ってしまうことも。あなたの理想はいくらぐらいですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月6日~1月22日
調査人数:215人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]