お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

値段なんて関係なし!? 彼を喜ばせたちょっとしたプレゼント4選

神之れい

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

プレゼントは値段ではなく気持ちが大切。お金をかけなくても喜ばれるものもあります。さらにタイミングをうまくはかれば、彼からの印象もアップしそう。働く女子に、少額でも彼が喜んでくれたプレゼントを聞きました。

缶コーヒーの差し入れ

「寒い日だったので、彼と待ち合わせしていたときに缶コーヒーを差し入れた。『ちょうど自分で買おうかと思っていたところだったんだよ!』と驚いていた」(29歳/建設)

寒いときに缶コーヒーの温かさは本当にうれしいですよね。買おうと思っていたタイミングならば、なおさら喜ばれそう。

ゲリラ豪雨でのビニール傘

「上司でもある彼氏が外まわりに出たあと、ゲリラ豪雨の予報を見た。何も持たずに出かけていたので、すぐにビニール傘を買って追いかけて渡した。その後にすぐ雨が降ってきたけれど、濡れることなく外まわりができたみたい」(31歳/IT)

スーツでずぶ濡れになるわけにはいかないですもんね。とはいえ、いくら恋人とはいえども仕事中に追いかけてこられるとありがた迷惑に感じる人もいるかも?

急な残業でのおにぎりとお茶

「急なトラブルで残業が決まった同僚の彼。夕食もとれないし買いに行く時間すらないとのことだったので、彼の会社の入り口まで行き、おにぎりとお茶を買って渡した。『これで遅くまでがんばれる!』と、とても喜んでくれたのでよかった」(32歳/サービス)

腹が減っては戦ができぬ……空腹のときの残業ってつらいですよね。そんなときに食べ物を差し入れされたら、一気に元気が出そうです。

好きなアイドルが出ている雑誌

「デート前にたまたま本屋に寄ったとき、雑誌コーナーを見たら彼の好きなアイドルが表紙の雑誌があった。その後のデートで『たまたまあったから』と買って渡したら喜んでくれた」(31歳/教育)

好きなアイドルの名前を覚えてくれていたのもうれしいポイントかもしれませんね。

お金をかけなくても喜ばれるかどうかはタイミングが大切なのかもしれません。彼の状況を考えてみれば、答えが見つかりそうですね。あなたはどんなプレゼントが喜ばれると思いますか?

※画像はイメージです

(神之れい+プレスラボ)

神之れい

アラサー喪女ライター。1984年生まれの神戸在住。ライターとは無関係の短大へ進学、一般企業でOL生活を経てライターに。恋愛コラムやエンタメ系ニュースサイトなどで執筆中。腐女子で豆腐メンタルの人見知り。ゆるく浅くいろいろなことに興味を持っています。
Twitterアカウント:@iberikobooboohttps://twitter.com/iberikobooboo

この著者の記事一覧 

SHARE