お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

同窓会でガッカリ&ドキドキ! 久々に再会した男子への本音エピソード集

ファナティック

乾杯

学校や仕事の都合で地元を離れてしまうと同級生に会う機会もなくなりますよね。久しぶりに実家に帰ったときに声をかけられても「誰だっけ?」と思うほどガラリと印象が変わってしまう同級生もいて、それはそれでおもしろいもの。今回は、久しぶりにあった同級生に「ガッカリした」、「ときめいてしまった」女性のみなさんのエピソードを集めてみました。

■あまりの変貌ぶりにびっくり!

・「中学のときにスポーツマンで片思いしていた人が、同窓会で会ったら髪もボサボサでひげモジャのオタク風になっていた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「昔はスポーツマンでイケメンだったのに、すっかり中年太り、髪も薄くなっていてちょっとガッカリした」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「初恋の人が激太りしていてガッカリした。思い出に心の中へしまいました」(32歳/その他/販売職・サービス系)

思い出の中ではカッコいいスポーツマンだった彼が、激太りしていたり、髪がボサボサでだらしない感じになっていたりと変貌を遂げていたことにガッカリという女性も。髪が薄くなったり、お腹が出ていたりと見るからに「オジサン」になってしまった姿はできれば見たくなかったという人もいそうですね。

■今も昔も変わらないカッコよさにドキドキ……

・「久々に会ったのに、一緒にいてとにかく落ち着くとき。さりげない優しさが以前とまったく変わっていないときにドキッとする」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「15年ぶりに会った小学校の頃の片思い相手が、どえらいイケメンになっていた。もともとかっこよかったけれど、大人になってオシャレなイケメンになっていた」(28歳/自動車関連/販売職・サービス系)

もともとイケメンだった男性がさらにイケメン度を増していてドキドキしてしまった、昔と変わらずさり気ないやさしさを持ったままの姿にときめいてしまったという人もいるみたいですね。学生時代に自分が好きになった人が、今も変わらず素敵な男性だと「見る目があったな」と自信が持てそうです。

■パッとしなかった男の子がイケメンに

・「小中学生の頃は、パッとしないグループにいて地味だったけど、大人になって仕事の一線で活躍していて、大人になったと感じた」(29歳/小売店/事務系専門職)

・「学生時代はぼんやりした印象だった人が、一気にあか抜けてかっこよくなっていてドキッとした」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「まさか二十歳を越えてから身長の伸びる人がいるとは思わなかったです。自分の身長が高いので、自分より高い人にときめきます」(28歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

学生の頃はそれほど存在感もなくて、ぼんやりとしか覚えていない。そんな男性が一気にあか抜けて「大人のオトコ」といった感じになっていたことにドキッとしたという人も。小中学校のときから比べると大人になっているのは当然とはいえ、その当時の印象が強すぎると良い意味でのギャップがあるのでしょうね。

■まとめ

久しぶりに会っても「相変わらずイケメン」とときめいてしまう男性もいれば、当時のカッコよさはどこにいったのか? と残念に思ってしまう人など色々いるようですね。イケメンといえども年齢を重ねれば老けることもあるとはわかっていても、実年齢以上に見えてしまったりすると元の印象がいいだけにガッカリ度も高そう。久々にあった同級生に「全然変わらないね」と言ってもらえるように、ボディケアやオシャレをがんばらなきゃ! という気にさせられますよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数137件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]