お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

サッパリ私を諦めて! 女子が興味ない男性からの好意を感じたときにとる言動4パターン!

ファナティック

誰でも、自分の好きになった人から同じように好意を向けられたいもの。しかし、現実はそんなにうまくいかず、好きでもない人から一方的に好意を寄せられてしまうことも。こんなとき、あなたならどうしますか? 今回は、好きじゃない人からの好意に気づいたとき、どう断るべきか働く女子のみなさんに聞いてみました。

■彼氏・好きな人がいるアピール

・「好きな人がいると言う。年下に好かれた場合、年上に好きな人がいると話す」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「彼氏がいて、ラブラブだと伝える。あからさまな好意を向けられたので、彼氏とのラブラブエピソードを語ったら、それ以上聞いてこなくなった」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「好きな人がいることを伝えます。好きでもない人に好意を寄せられ困っているときに、架空の好きな人を作りました」(31歳/その他/その他)

それとなく彼を諦めさせるためには、「彼氏がいる」「好きな人がいる」ことを本人の前でアピールすることが大切。否定しなければ、いくらでも相手はいいように解釈してしまうもの。

■思わせぶりな行動をしない

・「ご飯とか誘われても、何かと理由をつけて断り続ける。会社の先輩からご飯とかゴルフとか誘われるけど、『ほかに約束があって』とか『その日は歯医者で』とか、とにかく行けないアピールをする」(34歳/学校・教育関連/専門職)
・「連絡を返さなくする。よく連絡をくれる友人に気づき、距離をおいていた。そうしたら連絡はこなくなった」(25歳/農林・水産/その他)
・「連絡を取らない。好きでないということをアピールしたほうがいいから」(30歳/金融・証券/専門職)

冷たくしてしまうのも気が引ける、とわかっているのに助けてしまったり、声をかけてしまうと相手はさらにあなたのことを好きになってしまいます。うかつな行動をしないよう心がけたほうがよさそうです。

■冷たい態度を取る

・「興味なしをアピール。あまり相手にしない。嫌々をアピールしたら気づいてくれた」(34歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「あからさまにそっけない態度を取る。会話するときに絶対に相手の目を見ないなど。下の名前+ちゃん付けで呼んでくる職場のおじさんバイトにもこれで対応した」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「私はあなたのことなんとも思ってないの」とわかりやすく伝えるためには、あえて冷たい態度を取る必要も。「もしかして嫌われてる?」と思われるぐらいが、ちょうどいいのかも。

■その人とはちがうタイプの男性が好きと言う

・「あなたではない人がタイプであることをひたすら話す」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「その人に聞こえるように、友だちと好きな人の話をする。自分はやったことはないが、友だちが別の好きな人の話をしていて、それを聞いていた当人からフラれていた」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「あなたは眼中にありませんよ」と伝えておくことも大事。相手に希望を持たせてしまうと、そこからさらに好意が加速してしまうことも。

■まとめ

確かに、自分に好意を寄せてくれることはうれしく感じても、こちらにその気がないのならばきちんと断ることこそ相手のためになるもの。一度流されてしまったら、どんどんあちらのペースに持っていかれてしまいます。そのためにも、予防線を張ることは必要なことなのですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数148件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]