お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 コーディネート

お正月太り+着こみすぎでク、クマ!? やせて見える「着やせコーデ」の○つのポイントとは?

ファナティック

お正月太りしてしまったあなた、着こんだときのシルエットが変わっていることに気付いていますか? 大きめサイズがかわいく見えるのは、ほっそりスリムな女子の特権です。「ちょっと太っちゃったな」という時期には、ぜひ着痩せして見えるコーデで乗り切りましょう! 今回は、女性のおすすめ着やせコーデをアンケート調査しましたよ。

■ウエストマークしてくびれを強調

・「ウエスト辺りでキュッと締まるようなデザイン」(27歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

・「ベルトをウエストにつける」(22歳/その他/その他)

ウエストが少しでもくびれている女性なら、ウエストマークをした方がスタイル良く見えるようですよ。太っちゃったからと言って隠してしまわずに、ウエストを強調できる服装にしてみましょう。ウエスト切り替えのないデザインなら、あえてベルトを付けてみると良いですね。自分でベルトを付ければ、キツキツに見えることもありません。

■やっぱり黒など締め色は重宝

・「タイツは柄入りだと太って見えるので、シンプルな黒のタイツを履くようにしている」(34歳/その他/その他)

・「ワンピースは意外に着やせします! 色は暗めが良いと思います」(33歳/その他/その他)

着やせの鉄板コーデと言えば、黒でしょう。黒を着ると、引き締まって見える効果があるのです。反対に、白やピンク、イエローなどは膨張色となってしまいます。同じデザインで迷ったら、ぜひ黒など暗い色で引き締め効果を狙いましょう。かと言って全身真っ黒だとセンスを問われるので、アクセサリーや小物で遊んだりすると良いですね。

■メリハリのある服装をする

・「上半身と下半身で『ぴったり+ゆったり』にする(スキニーパンツ+ゆったりセーターなど)」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「ちょっとダボっとした服でもどこか一点を締めれば痩せて見えると思う」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「なるべく出せるとこは出してすっきりするのが良いかと思います」(33歳/その他/事務系専門職)

お正月太りを隠すくらいなら、普段よりもメリハリのある服装を心がけるくらいでも良いようです。ゆったりニットに細身パンツ、スッキリタートルネックにフレアスカートなど、全体をダボッとさせるよりはどこかに締める部分をつけてみましょう。もちろんウエストをマークするだけでも良いですし、細い手首を見せるというのも効果的。マフラーを大判ストールにして、ボリュームを顔周りに集中させるというのもカッコ良いです。

■「ゆったりニット」は賛否両論

・「体型が隠れる服装は余計に大きな体型に見えると思います」(31歳/自動車関連/営業職)

・「ニットは避ける」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ダボっとしたのを着る」(27歳/その他/その他)

シャツの上にゆったりニットを重ね着したり、ざっくりニットだけをふわっと着るというのが流行の昨今。しかし、「ゆったりニット」を着れば着痩せできるかと言えば、賛否両論あるようです。確かに、つかず離れずのシルエットが体型カバーに役立ちますが、それだけに頼ってしまうとかえって太って見えてしまうこともあるのです。ニットを着るなら、必ず試着をしてサイズを確認して、ニット意外はタイトなシルエットになるようなコーデを心がけると良いですね。

■自分の体型に合った服装を見つける

・「私は下半身が太いけど、ウエストは細めなので、コンパクトなトップスをフレアスカートにインして着ると痩せて見える気がする」(30歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「意外にボーダー柄でやせて見える人がいる」(33歳/その他/その他)

どんな服装でも、基本は「自分のサイズに合っていること」。無理してMサイズを着ると太って見えますが、普通にLサイズを着るとやせて見えることもあるのです。まずは自分のサイズを把握しましょう。その上で、「ウエストはくびれているからウエストマークしたら良いかな」とか、「全体的にスクエアなシルエットにすると着痩せするな」とかいった自分なりの法則が見えてくるのです。色や柄、シルエット、布の材質などによっても見え方が変わるので、とにかくたくさん試してみましょう。

■まとめ

いかがでしょうか。ちょっと太ってしまったとき、無理して今までの服装を続ける方が、太って見えてしまうことがあるんですね。自分に合った着やせコーデ、ぜひ見つけてみたいですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数402件(22歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]