お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド コーディネート

【連載24回】コートを脱いだらそこは春♪ 最新春カラーコーデガイド

髙幣素子

2月にもなると店頭には春物がずらりと並び、明るいやわらかなカラーが新鮮で目を奪われます。
でも、春物を着るには気候はまだまだ寒い。そんな2月はカラーリングだけでも春を取り入れてみたらいかがでしょうか? コートの中を春カラーにすることで飽きてきた冬の装いも新鮮な気持ちで楽しめます。今回はそんなコートの中の春カラーコーデをご紹介します。

爽やかブルーをペールトーンでまとめて大人仕上げに

この春も昨年に引き続き優しいブルーは注目カラーですね。
今季は落ち着いた印象を作るワントーンカラーリングがオススメです。
ベージュやグレーなどを合わせてペールトーンに仕上げるのが大人女子流。
足もとに鮮やかな色を配置することでメリハリを作っています。

(ニット:GAP、スカート: BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS、パンプス:Odette e Odile)

グリーンを春は白と合わせて新芽のようなカラーリングに

新芽のようなライトグリーンにホワイトを合わせた清々しいカラーリングです。秋冬のグリーンはブラックなどダークトーンを合わて引き締まった印象作りが似合いますが、春は一変、ホワイトを合わせると清潔感のある爽やかな印象を与えることができます。
ホワイトは春夏のキーカラーでもあるので、旬感も演出できますよ。
お持ちおグリーンのアイテムを是非、ホワイトと合わせていてくださいね。

(ニット:UNIQLO AND LEMAIRE、スカート:GALLARDAGALANTE、ブーツ:URBAN RESEARCH)

いつものネイビーもホワイトと合わせれば春&旬顔に

秋冬定番のネイビーもそろそろ飽きが出るころ。そんな時は思い切ってホワイトと合わせると軽やかな印象に大変身。定番カラーも思い切って明るい色と合わせると意外な一面が見えるかもしれませんよ。
トップスとシューズで色をリンクさせて統一感を生み出すのもオススメ。

(トップス:ZARA、スカート:StudioCLIP,スニーカー:Reebok)

ピンクに赤を合わせる大胆カラーで春気分を満喫!

ピンクや赤は主張の強い色だから定番カラーと合わせがちではありませんか?
ここは思い切って主張の強い色を組み合わせる大胆カラーで春らしさを出すのもひとつです!!
ポイントはピンクも赤も同系色で反発し合う関係ではないこと。主張の強い色同士を合わせる時は同系色で合わせると攻略できます。
ダークトーンのコートを上に着れば、脱いだときのギャップも演出できちゃいますね。

(ニット:UNIQLO、スカート:IENA、ブーツ:URBAN RESEARCH)

真冬の春カラー攻略のコツ1 足元に中間色を配置しよう!

一足先に春を取り入れたいけど、まだまだ寒い!! 足もとも素足や薄手のストッキングでは冷えが気になってしまいます。そこでオススメなのがグレーやベージュなど中間色となるタイツやシューズ。
優しい色を足もとに配色することで冬特有の重たい印象を解消してくれます。

ブルーのペールトーンコーデの足元

ピンク×赤の大胆カラーコーデの足元

真冬の春カラー攻略のコツ2 小物も春カラーを取り入れよう!

無理して薄手の春物を着るのではなく、アクセサリーなどでさりげなく春色を取り入れることも大人女子としてはオススメ。特にピアスやイヤリングは顔周りの印象をぐっと明るく見せてくれるので取り入れやすいと思いますよ。

すべて今回紹介したコーデで使用したイヤリング:SENBA

まとめ

飽きてきた冬のコーディネートもカラーひとつで春気分を味わえそうですね。

まだまだ寒い日が続きますので、薄手の服で無理をせず風邪などひかぬようお気を付けください。

それでは、また。

ファッションブログ『モコーデ』がお届けしました。

(高幣素子)

お役立ち情報[PR]