お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

好印象はキープしたまま☆ 男性が「早く返信しよう」と思うLINEの催促の仕方3選!

ファナティック

彼氏や気になる相手とのLINEは気持ちが盛り上がってしまうものですが、中にはなかなか返信をくれない男性もいます。でも、返信がないことにイライラする前に、自分の催促の仕方に問題がないか考えてみましょう。社会人の男性が思わず返信したくなるLINEの催促を聞いてみました。

■寂しさを感じるトーク画面

・「動物のかわいいスタンプをつかって、寂しさをアピールされるとキュンとするかも。やっぱり女の子らしい、かわいいメッセージのほうが、返信したくなるから」(32歳/学校・教育関連/専門職)
・「自分が好きなキャラクターの寂し気なスタンプ」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「顔文字で悲しい感じ。もらえるとキュンとするので」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

スタンプでも絵文字でも、寂しい思いをしながら返信を待っていることが伝わってくると、早く返信しようと思うようです。女性に寂しい思いをさせまいとする気持ちがうれしいですね。ですが、相手の都合を考えない独りよがりなメッセージを次々に送りつけることはやめましょう。

■心配する気持ちが伝わるとき

・「返信できない状況なのかと心配するニュアンスを含んだ催促」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「何か事故に遭ってないかなど余計な心配をしてくれると、早く返事をしようと思う。それだけ自分のことを思ってくれているのかと感じるから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「『返事がないから事故かと思って心配しちゃったよ~』心配しているところがかわいらしいから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

返信がないことに対して、何かあったんじゃないかと心配になることもありますよね。そんなときは素直に心配していることを伝えるといいかも。少なくとも、今LINEのやり取りができる状況かどうかの返信は来るでしょう。

■疑問形の文章

・「『~でいいの?』のように、怒るでも、甘えるでもなく、話を前に進めようとするとき。返信が遅れるたびに、怒りっぽくなるようでは関係が長く続かないし、すねられるのもめんどくさい」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「『気にさわること言った?』と質問をして、最後に絵文字をつける。かわいらしさと気遣う気持ちが見えるから」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「『どうしたのかな?』という問いかけなら。気遣ってくれているので」(31歳/情報・IT/技術職)

これはLINEに限らず言えることですが、どうしても返信がほしいなら疑問形のメッセージを送るといいでしょう。その質問に対する返答しか返って来ず、その後のやり取りが途切れてしまう可能性もありますが……。

■まとめ

LINEは瞬時のやり取りが可能な反面、長くやり取りを続けようとするとスマホを手放せなくなり、切り上げるタイミングがわからなくなるというデメリットもあります。自分が暇だからといって相手も暇だとは限りません。相手の都合を考えたやり取りを心がけましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数102件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]