お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

理解できない……男性が理解不能な女性の趣味7

ファナティック

彼氏の趣味が時々理解不能に思えるように、男性は男性で「なぜそれにはまる?」と女性の趣味が不思議に見えているかも? 男女の差は身近な「趣味」にもあらわれることが。そこで社会人男性に、理解できない女性の趣味を聞いてみました。

■まだそれにこだわる? 女性の幼い趣味

・「姫家具をそろえること。お姫様気分に浸りたいのはわかるけど、高価すぎる」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「キャラクターグッズ集め。幼稚で何がいいかわからないから」(32歳/通信/技術職)

子どものころに高くて買ってもらえなかったものを、大人になってから集めたくなるのは男女共通の思いだと思うのですが、男女差もあってか「姫系コレクション」や「キャラものコレクション」が男性には理解不能なよう。

■ネイルにはまるのがよくわからない

・「ネイル。その人に合う色柄を専門店のクオリティーでやってもらってようやくファッションとして少し理解できるレベルに感じるが、そうでなければむしろ少し汚らしいとすら思う」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「マニキュアを塗ること。爪に色を塗る意味がわからない」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ネイルは「意味不明」「かわいくない」と男性からよく指摘されやすいですよね。ネイルは男性にとって不衛生に見えるだけの、理解不能なファッション?

■アイドルに熱狂する意味がわからない

・「熱狂的なアイドルファン。なぜそこまで熱を入れられるのか疑問に思う」(27歳/情報・IT/技術職)

「これは逆でもそう!」……と思う女性が多そうですよね。決して手に入らないものを、なぜ人は追い求めたくなるのでしょうか。それとも、そこまで人を熱狂させるアイドルがすごいのでしょうか。

■カフェ巡りする理由がわからない

・「カフェめぐり。お金もかかるし、並んだりして疲れるから」(32歳/電機/技術職)

そういえば男性でカフェ巡りする人、あまりいない気がしますよね。飲食店に求めるものも男女間ではかなりちがいがありそう……。

■井戸端会議、楽しいの?

・「井戸端会議(趣味ではないだろうが、近所でも、社内でも至る所で数時間もやっていたりすることを目の当たりにして)」(36歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

井戸端会議が始まったらてこでも動かなくなる女性。道の真ん中や店内、社内の落ち着かない場所で、突然長時間繰り広げられることもよくありますよね。女性は話すことで考えを整理していたり、ストレスを発散していることも多いので、許してください。

彼氏に趣味の話をしてもイマイチ反応が悪いのは、それが男性にとって理解不能な趣味だからかもしれませんね。男女の溝は、趣味というこんな身近なところにも……。「理解してよ」と思っても、まぁ、お互い様かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数114件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]