お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

男子に聞いた! 「愛」VS「お金」、結婚生活ではどっちが重要? 61.7%が選んだのは……

結婚にもっとも必要なものは「愛」か「お金」か。これはもう永遠のテーマと言ってもいいかもしれません。愛がなくては円満な夫婦生活は送れないけれど、現実的にお金がなかったら生活は立ちゆかない……。答えは永遠に出ないかもしれませんが、今回は男性たちに、自分だったらどちらが大切かを考えてもらいました。

Q.結婚生活でもっとも重要なのは「愛」or「お金」、どちらだと思いますか?

「愛」……61.7%
「お金」……38.3%

圧倒的に「愛」を選ぶ人が多いかと思いきや、どうやらそうでもない様子。4割近い男性が「お金」を選んでいます。では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「愛」派の意見>

■愛がなければ幸せな結婚生活が送れない!

・「愛がなければ一緒にいられない」(28歳/自動車関連/技術職)

・「愛がなければ結婚生活が楽しくない」(26歳/電機/技術職)

・「お金があっても愛がなかったら虚しいだけ」(33歳/機械・精密機器/技術職)

愛のない生活は、いくらお金があっても虚しいだけだという男性たちの意見が。相手に対しての愛情がなければ、自然と心の距離は離れていってしまうもの。そう考えると、やっぱり結婚生活において愛は大切なようです。

■愛があればお金のことはなんとかなる!

・「お互い好きで支え合う気持ちがあれば、働いてお金もあとからついてきます」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「愛があれば貧乏でも乗り超えられる」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

愛がありさえすれば、貧乏だって乗り切れる、お金はあとからついてくる! という強気な考えの持ち主も。どんな状況でもお互いに支え合える関係は、愛があってこそ。そんな相手にいつか出会えるといいですね。

では次に「お金」を選んだ人たちのコメントを見てみましょう。

<「お金」派の意見>

■生活にはお金が必要!

・「実際の生活はお金がないと、どうしようもないことがあるから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お金がないと何もできないため」(28歳/金融・証券/専門職)

・「家族を養うと考えると重要」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

たしかに、お金がなければ生活ができないというのは事実ですよね。どんなに一緒にいたいと思っても、お金がなければ一緒に住む家も、生活に必要なものも何も手に入れられません。結婚にはある程度のお金が必要だと考える、現実的な考えの男性も少なくないようです。

■お金がなければ幸せはつかめない

・「貧すれば鈍するから。愛がお金を生み出すというビジネスモデルをあまり知らないので」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「お金がなければ妻は逃げていくだろうと思っているので」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「お金がないとある程度の幸せはつかめないと思う」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

「金の切れ目が縁の切れ目」「貧すれば鈍する」は昔から言われている言葉ですよね。金銭的な貧しさは心の貧しさを引き起こすことも……? 貧しいがゆえに互いを愛する心のゆとりを失ってしまったら、結婚生活は破綻してしまうかもしれません。

<まとめ>

やはり、「愛」と「お金」、どちらがより結婚生活に大切なものかはなかなか決着がつかない問題ですよね。今回は、「愛」派が多い結果となりましたが、「お金」がないと心の余裕がなくなり、その「愛」すら見失ってしまう可能性も……。できれば、どちらかが必要なんて悩むことのない、両者が満たされた幸せな結婚がしたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数128件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]