お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ゴメンナサイ! タイプだけどお断りした男性の特徴「年上でおっさんすぎた」「お箸が持てなかった」

カンナ マコ/OFFICE-SANGA

タイプの人から告白されることなんて、一生にそう何度もありませんよね。でも、外見以外の部分がどうしても引っかかって、残念ながらゴメンナサイすることもあります。今回は、タイプだけどお断りした男性の特徴について、働く女性たちに聞きました。

■物理的にムリ

・「彼氏がいて無理だった」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「元カノが友だちだった」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「既婚者だった」(24歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

すでに彼氏がいれば仕方ないけれど、相手の元カノと友だちという状況は複雑。誰も悪くないだけに、モヤモヤした気持ちが残りそうですね。それにしても、既婚者のくせに告ってくるなんて、女の敵! 既婚者と知らずにうっかり付き合わなくて正解でしたね。

■生理的にムリ

・「喫煙者は無理」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「酒癖が悪かった」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「浮気癖のある人ということで有名だった」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

タバコが苦手な人にとって、喫煙者がいつもそばにいるのは本当に苦痛。喫煙者本人は気にならないかもしれませんが、髪も体も洋服も吐息も、すべてにおうのでガマンできませんよね。それと同じくらい、浮気癖や酒癖が悪いのも、たちが悪くて考えものです。

■年齢的にムリ

・「あまりにも年下だった」(32歳/医療・福祉/専門職)

・「歳が1回り以上うえ」(25歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「年上でおっさん過ぎた」(29歳/小売店/事務系専門職)

芸能界では「年の差婚」が話題ですが、自分が直面したら、やはり悩みますよね。結婚して出産まで見すえると、パパどころかおじいちゃんになっちゃうような年上はお互いに厳しい。かといって若すぎても、そのうち若い子に浮気するのでは……と心配が尽きません。

■顔以外の外見がムリ

・「背が小さいのはちょっと」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「あまりにもチャラそうだったから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・「セカンドバッグをもっていたから」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)

顔はタイプなのに、自分より背が低かったり、チャラチャラしていて信用できなさそうだったり。許しがたいファッションセンスも、受け入れられませんよね。「この私が改造してみせる!」と思わせるくらいの光る何かがあればよかったのですが……。

■相手の状況がムリ

・「借金がある」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「年収が自分より低かった」(32歳/生保・損保/事務系専門職)

・「ちゃんとした仕事についていなかった」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「アタマが想像以上に悪かった」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「相手の家庭環境がダメだった」(33歳/建設・土木/技術職)

経済的に不安定だったり、自分よりスペックが低そうだったりすると、相手をリスペクトできません。また、結婚まで考えたら相手の家族も気になりますね。家庭環境があまりに違うと、たとえゴールインしたとしても、その後の長い結婚生活のどこかでかみ合わなくなりそう。

■趣味や性格がムリ

・「ケチで有名だった」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「悪質な鉄道マニアだから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「パチンコにハマっていた」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お箸が持てなかった。食べ姿が汚い」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

この人と合うかも!? と感じるポイントは、性格や趣味、価値観などの部分が大きいですよね。それだけに、ここが受け入れられない相手とは、先が見えています。そう簡単に変えられない部分なだけに、お断りするのもやむを得ません。

ほかにも「タイプな人から告白されたら必ず付き合う」という貪欲な人から、「よくモテる人だから嫌がらせとかされたり面倒そう」と身を引いた人まで、さまざまでした。外見も中身もタイプの人から告白されることは、奇跡なのかも!?

(カンナ マコ/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数216件(22~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]