お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

他人には理解できない? 大好きな彼と別れた理由3つ

ファナティック

旅立ち恋の終わり方は、人それぞれ。相手を嫌いになったから別れた、とは限りません。恋はもっと複雑なもの。好きだという気持ちがあっても、別れざるを得ない状況だってあります。そこで今回は大人の女性のみなさんに、「嫌いになったわけじゃないけど、別れた」という切ない恋のエピソードを聞いてみました。

■彼との未来が見えなくて……

・「将来が見えないと思ったので、別れました。その後はよき理解者であり、友人関係が続いています」(32歳/生保・損保/営業職)

・「この人と一緒にいてもこれから苦しみそうだ、と思って別れました」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「相手の金銭感覚が合わず、多分これは今後一緒にいても妥協できないと思ったから」(28歳/電機/営業職)

・「遠距離で、お互いがヤキモチを焼きすぎてどうしようもなくなって別れた。今でもたまに連絡はとります」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

一時の恋で終わる関係と割り切っていればいいですが、真剣に将来を考えたいと思っているときに、将来が見えない男性と付き合うのは酷です。後ろ髪を引かれても、ここはすっぱり別れて、次の出会いを探したほうがいいのかも知れません。

■彼のことは好きだけど、もっと好きな人が……

・「もっと夢中になれる人に出会ってしまい、別れた」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「ほかに好きな人ができた。元カレとは一切連絡をとっていない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「嫌いになってないけど、ほかの人を好きになってしまった」(28歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「ほかに好きな人ができたから。別れてからは相手とは疎遠になった」(26歳/金融・証券/販売職・サービス系)

恋心って不思議なもので、同時に二人の人を好きになってしまうこともあるんですよね……。その好きな気持ちに大きな差が出来てしまったら、今付き合っている人とは別れるしかありません。

■ほかに夢中なコトができちゃって……

・「仕事が忙しくなって彼氏の相手をする暇がなくなった」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「お互いに忙しくなって、なかなか会えなくなっているうちに自然消滅みたいになった」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「大学生のとき、自分のやりたいことに夢中になって彼氏のことがどうでもいいと思うようになり別れた」(32歳/金融・証券/営業職)

・「彼が忙しそうで、相手をしてもらうのが悪かったから」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

趣味や仕事に没頭すると、恋愛が疎かになってしまうのは、男性も女性もよくあることです。相手のことをほかのことよりも優先できなくなったら、誠実に別れを切り出すべきなのかも。

嫌いになったわけではないけれど、別れなければならないときというのはあります。彼と付き合い続けることにより、自分、もしくは彼の将来や幸せが阻害するかもしれない、そう感じてしまったのなら、潔く別れることも考えましょう。ズルズル付き合っても、お互い不満が溜まり、よくない別れ方をするかもしれません。恋の終わり方はすっぱりとキレイにいきたいものですね。ま、それができたら、苦労しませんが……(苦笑)

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数244件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]