お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もう二度とくるな! 「男性が嫌がる」お見舞いとは?

ファナティック

最悪なお見舞い

風邪などの病気になったときは、彼女からのお見舞いはとてもありがたく感じるもの。しかし、思いやりがたりないと、彼には迷惑に感じてしまうこともあるようですね。そこで今回は男性のみなさんに、ありがた迷惑だった、彼女のお見舞いエピソードについて、お話を聞いてみました。

■心配メールが多い

・「心配してメールをくれたがそのせいでゆっくり寝られなかった」(38歳/通信/技術職)

・「心配メールが多すぎ。返すのがめんどくさい」(34歳/金融・証券/営業職)

・「しつこいメール」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

彼女からしつこいぐらいの心配メールが届くと、返信をするのもおっくうになってしまうものです。相手が病気で寝込んでいることを考えた場合、あまりにも過剰なメールは迷惑になってしまうものですよね。

■脂っこい料理

・「すぐに食べられるようにスーパーで買ったお総菜を買ってきてくれたけど、油物ばかりであまり喉を通らなかった」(28歳/情報・IT/技術職)

・「食欲もない中、から揚げなどかなり重いごちそうを準備してもらった」(38歳/電機/技術職)

・「やたら脂っこい料理」(34歳/運輸・倉庫/営業職)

お見舞いにきて料理をしてくれるのはうれしいものですが、こちらの体調を一切考えず、料理を提供されると、逆に体調が悪くなってしまうこともあります。気をつけましょう。

■たくさん作られた

・「すごいたくさん食材を買い込んできて、いろいろ作ってくれたんですが、食べられないんです」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「たくさんの量の食事を買って来てくれたこと。うれしいが食べられない」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「おかゆを作ってくれたのはうれしいけど食べきれない程作られた」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

病気だからといって、精をつけようと、たくさん食べさせてくれようとする気持ちはうれしいものですが、体が悲鳴をあげている場合、がんばっても食べることはできません。状況を判断してから作るようにしましょう。

■甘いものを持ってきた

・「お見舞いにスイーツを持ってきてくれたが、とても食べる気分ではなかった」(32歳/通信/技術職)

・「ケーキを買ってこられたけど、食欲なく食べられなかった。日持ちするものの方がいい」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

差し入れなどで、甘い食べ物がうれしいこともありますが、甘いものがもともと好きではなかったり、風邪で食欲がなかったりすると、食べられないこともあります。彼が甘いもの好きか、また食欲があるかどうかなどを、前もってリサーチしておくようにしましょう。

■まとめ

以上、男性が困ってしまった女性からのお見舞いエプソードをご紹介しました。いかがでしたか? 相手のためをおもってつい料理を作りすぎてしまったり、普段彼が好きな油料理をだしてしまったりなど、あるあるですよね! 季節は冬で風邪をひく機会が増えるので、大好きな彼氏にきらわれないよう、上記のエピソードを参考に、彼に喜ばれるお見舞いをしましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数129件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]