お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子が振り返る、女性を傷つけたあの日の行動「強引に●●した」「浮気した」

ファナティック

号泣相手のことを傷つけようと思ってやったことではないけれど、結果的に傷つけてしまった、自分の行動が相手を振り回してしまって弄んだようになってしまった。そんな経験ってありますか? 悪気があったわけではないけれど、あとから思い返すとひどいことをしてしまったと反省してしまう。今回は、そんな風に女性を傷つけたり、弄んでしまった経験について男性のみなさんに聞いてみました。

■容姿をけなした

・「かわいくないと言ってしまったこと」(28歳/金融・証券/専門職)

・「ほかの人のほうがかわいいと言って、傷つけたことはあります」(35歳/通信/事務系専門職)

・「太っていると言ったとき。悪気はなかったけど、傷つけた」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

言ったほうは冗談のつもりだったり、悪気がなかったりしても相手を傷つけてしまうのが容姿についてけなされること。自分の好みのタイプじゃないからといって「かわいくない」と面と向かって口にするなんてひどいですよね。ほかの女性と比べるなんて、単純に容姿をけなされるよりも傷つくということを男性にもわかってもらいたいものです。

■気を持たせておいて……

・「デートをよくしたのに、いざ告白されたらすっぱり断った」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「告白してくる女性一人一人断っていたことがあり、付き合ってあげれば良かったかなと思うことがある」(28歳/情報・IT/技術職)

・「彼女の趣味に共感してるふりをして、それがだんだんストレスになってきてこちらから別れを告げたこと」(32歳/商社・卸/営業職)

何度もデートしたのに、いざ女性のほうから告白されたときには断る、女性に共感している振りをしていてそれに疲れてしまったら別れる。女性にしたら「何で?」という気持ちでいっぱいになってしまいそうですね。こんな風に弄ばれるくらいなら片っ端から告白を断る男性のほうが、そのときは傷つくにしても傷は浅そうです。

■相手の気持ちを考えずに行動してしまった

・「彼女とデートの約束をしていたのに、仕事で疲れていたのでドタキャンしてしまった。そのとき彼女は笑顔で許してくれたけど、夜に急に泣き出して、一緒に行きたかったと言われて、ひどいことしてしまったなと思った」(28歳/情報・IT/技術職)

・「自分が浮気をしてしまったこと」(38歳/電機/技術職)

・「強引にせまったこと」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

彼女とのデートをドタキャンしたり、浮気をしたりして傷つけたことがあるという男性もいるようです。仕事で疲れていたからという理由はあるにしても楽しみにしていた彼女からするとガッカリ。そのときは笑顔でいられても思い返すと悲しくなってしまう気持ちって、女性ならよくわかりますよね。

男性としてもわかっていてやったわけではないようですが、結局は女性を傷つけることになってしまったという言動は少なくないようです。容姿についての不用意な言動も女性を傷つけてしまう大きな理由の一つ。悪気がない、冗談だったと思っているのは自分だけ、言われたほうはショックを受けているということもしばしばあるものです。男女問わず、いくら激しいケンカしたとしても、相手の見た目などを傷つける発言はしないよう気をつけないところですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]