お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

彼女にしたい、ワケがない!? 男性が自称「干物女子」に思うこと4つ「恋愛対象外です」

ファナティック

「干物女子」とは……男っ気がまったくなく、だらだらとした生活を送る、女として「干上がった」人のこと。元はとある漫画のヒロインの生活スタイルに由来して発生したものですが、今では一般的にも使われるようになりました。恋愛に興味がない……そんな「干物女子」を自称する女子に、男性は一体どういった印象をいだくのでしょうか? 調査してみました。

■干物は恋愛対象にあらず

・「恋愛対象外です」(26歳/電機/技術職)
・「付き合いたいと思わなくなるのに、なぜ言うのかわからない」(26歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「干物という言葉に満足しないで自分を磨けばいいのになと思う。自分に魅力がないですよと言っているようなものだと思う」(29歳/医療・福祉/専門職)

自ら、「恋愛に興味がないですよ~」、「干上がってますよ~」と言う女子に対しては、男性もそれなりに距離を置く様子。男女の関係は恋愛だけがすべて、というワケではないですが、どちらにせよ印象は良くなさそうです。

■干物という言葉はただの言い訳

・「大々的に話している人を見かけると『自分のせいじゃない、縁に恵まれなかっただけ』という主張をしているようにも見えてしまう」(35歳/人材派遣・人材紹介/技術職)
・「汚いと思う。『干物だからー』とか言い訳をしている時点で戦いを諦めていて努力をしない怠惰な人なんだなと思う」(26歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

こちらもなかなか辛辣な意見です。「干物女子」にはなんの好印象もない、ときっぱり言われているようなものです。辛口です。

■自称する人に限って……

・「嘘。気を惹かせるためだけ」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「言うほど干からびてないんじゃないかと思う」(33歳/小売店/事務系専門職)
・「本当の干物はそんな表現を使わない」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

自分から言う人は、ホンモノの「干物女子」ではない、という意見。干物、の言葉で男性の気を惹けるかどうかはなんとも言えませんが、一理あると言えば、あるかも?

■その他にはこんな意見も

・「若いころに経験したトラウマなどがあるのかと思う」(28歳/情報・IT/技術職)
・「似たようなところがあってちょっと共感。でも本質的にいいこととは思えない」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)
・「何かきっかけがあれば女っぽくなるだろうにと思う。出会う男次第だなと」(36歳/機械・精密機器/営業職)

人によって考え方がちがう、というのが良くわかります。何気なく言ったひと言でも、色々な解釈をされるので気をつけたいところですね。

■まとめ

今回は全体的に、どちらかといったら否定的な意見が多く集まりました。干物、という言葉の乾いたイメージが先行しているのもあるでしょう。休日にどういう過ごし方をしようが、恋愛に興味を持つ・持たないも、すべて個人の自由。しかし、だからといって、進んで自分のイメージを下げることもありません。もし「干物女子」を自称している人がいたら、それは自分の胸の中だけに秘めておいたほうが無難そうです。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数122件。22歳~38歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]