お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

心臓バックバク! 女子がときめくのは「ゆっくりするキス」or「急に奪われるキス」?

ファナティック

恋人とのキスは、どんなときでもうれしいながら緊張してドキドキもしてしまうもの。では、みなさんがよりドキドキを感じるのはお互いに見つめ合ってゆっくりするキス? それとも、何の前触れもなく彼に奪われるようなキス? 今回は、女性たちがたまらなくドキドキしてしまうキスのされ方について聞いてみました。

Q.ドキドキするのはどちらのキス?

 「お互い見つめ合う、ゆっくりしたキス」……57.6%
 「何の前触れもなく、急に奪われるキス」……42.4%

ゆっくりするキスのほうがドキドキ感が強いという女性が6割近くという結果になったようです。では、どうしてゆっくりしたキスのほうがドキドキするのか、理由を聞いてみましょう。

<「ゆっくりしたキス」派の意見>

■キスまでのドキドキがいい

・「お互いにキスしたいという思いにあふれていて、情熱的なキスができるから」(29歳/学校・教育関連/専門職)
・「ゆっくり心の準備をしたほうが、ドキドキ感を味わえる」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「ゆっくりのほうがドキドキする、不意打ちはドキドキしてる暇がない」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

見つめ合っている間に、お互いの「キスしたい」という気持ちがどんどん高まっていくのがわかってドキドキしてしまう。不意打ちでキスされるとびっくりはするけれど、キスへの期待といった意味でのドキドキ感が感じられないという人もいるようです。少しずつ気分を高めてからのほうが情熱的なキスにはなりそうですね。

■ロマンチックな感じがする

・「見つめ合うほうが照れるし、長時間ドキドキする」(25歳/不動産/事務系専門職)
・「そのほうがロマンチックな感じ。愛がこもってそう」(31歳/医薬品・化粧品/営業職)
・「ゆっくりするほうが愛されているなという実感がわくから」(29歳/医療・福祉/専門職)

ゆっくりと見つめ合うのは照れるけれどその分ドキドキ感が長く続くし、ロマンチックな気持ちになれるという女性もいるようです。彼が自分のことを大切に思ってくれている、愛情がたっぷりこもったキスをしようとしているんだなという、うれしさがドキドキ感にもつながるのかもしれませんね。

では、急に奪われるキスのほうがいいという女性にも理由を聞いてみましょう。

<「急に奪われるキス」派の意見>

■強引な感じがたまらない

・「不意打ちで心の準備ができてないほうがドキドキするから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)
・「いきなりだと心の準備も(?)できていないしドキドキするから」(32歳/不動産/専門職)
・「強引な男性にひかれるから」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

強引な男性のほうが好みという女性は、キスも少し強引なくらいがちょうどいいということのようです。彼女にキスしたくてたまらない、我慢できないといった彼の抑えきれない気持ちが伝わってくる突然のキス。「心の準備もできていないのにいきなり?」という気持ちがドキドキを煽るのでしょうか。

まとめ

彼女の気持ちをゆっくり確かめるような優しいキスも愛情を抑えきれないといった感じの突然のキスも、女性たちをドキドキさせることはまちがいなさそうですが、ドキドキの種類はちょっとちがうのかも。ゆっくりとしたキスのドキドキは、キスを我慢していることでの気持ちの高まり。強引なキスのドキドキは不意打ちに対するドキドキ。どちらのドキドキもキスのうれしさを倍増してくれそうですが、みなさんはどちらのほうが好みですか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数217件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]