お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

むしろその考え方が「寂しい」わよ……! 「クリぼっちは寂しい」と言っている女性に言いたいこと6つ

ファナティック

クリスマスも近づいてきましたが、「やっぱり今年もクリスマスをひとりで過ごすのか」とぼやいている人もいるかもしれませんね。いわゆるクリぼっちですが、そもそもクリスマスに一緒に過ごす恋人がいないのは寂しいことなのでしょうか? 働く女性に聞きました。

クリスマスはカップルのものじゃない

・「クリスマスのもともとの意味を考えれば気にすることはない」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「恋人と過ごすことだけがクリスマスではないよーと言います」(33歳/医療・福祉/専門職)

テレビや雑誌の情報に惑わされず、クリスマスは本来どういう日なのかを考えてみれば? という女性は多いようですね。恋人とデートしたり、イルミネーションを見に行くことだけがクリスマスの過ごし方ではありません。

友だちや家族と楽しく過ごせばよい

・「そういう人たちで声を掛け合って、鍋パーティーでもやって楽しむ。積極的に動いたほうがよいと思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「家族や友だちと過ごすことに恥じる必要はないと思うから、ゆっくりと過ごせばいいと思う」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「気にならなくなるくらい楽しい時間が過ごせますように!」(30歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

友だちや家族と過ごすのもクリスマスの楽しい過ごし方ですね。

焦って恋人を見つける必要はない

・「そのためだけに、好きでもない相手と付き合うほうが無駄な時間の使い方なのでは?」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「恋人がほしいのかクリスマスに一緒にいてくれる都合のよい存在がほしいのか気になる」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

クリスマスにひとりでいるのが嫌だからという理由だけで焦って恋人を探すのは考えもの。それだったらひとりでゆっくりと過ごすほうが有意義だと思いませんか?

大丈夫!

・「誰でも一生のうちにそう思うことはあるから大丈夫」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「もっと気持ちを強く持て」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「そんなときは誰だってあります。みんながみんないいクリスマスを送っているわけじゃない」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

いくら華やかで常に人に囲まれているように見える人もひとりの時期はあるもの。むしろひとりの時間も大切にすることで、人間味も増すと思いませんか? ゆったりと構えることが大事です。

努力せよ

・「じゃあ普段から彼氏を作る努力をしろよ、と思う」(29歳/金融・証券/営業職)

・「日頃の努力が足らない」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「じゃあ、何か行動しましたか?」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

厳しい意見ですが、ごもっともですね。出会いの種はいろいろな場所に転がっています。

その考え方が「寂しい」

・「メディアに洗脳されているなと思う。踊らされている」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「自分で物事を考えないんだなと思う」(30歳/通信/事務系専門職)

・「なぜクリスマスに恋人がいないと寂しいの? と聞きたいです」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「それ以外の時間の過ごし方を考えないことが、かわいそう」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

・「その考えが寂しい」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

中にはクリスマスに恋人がいなくて「本当に寂しい」と感じている人がいるかもしれませんが、そもそもクリスマスに恋人がいないとどうして「寂しい」のか……。世間やメディアに踊らされている部分もあるのではないでしょうか?

まとめ

恋人と過ごすクリスマスについて、それほど重要視していない女性は意外と多いようで「クリスマスに恋人がいない」と寂しがっている人に対しても「何でそんなこと気にするの?」と冷めた目で見ているようです。恋人や友だち、家族と過ごすにしてもひとりで過ごすにしても、自分が心地よいと思うように過ごすのが一番ですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数172件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE