お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男子に直球質問! 彼女と仕事、どっちが大事? 勝利したのは……

ファナティック

もう仕事の都合でデートに遅れて来たり、キャンセルされたりしたら、「私と仕事、どっちが大事なの?」と思わず問いつめたくなってしまいますよね? 実際男性たちは、彼女と仕事、どちらが大事だと思っているのでしょうか? 聞きたいような聞きたくないような……ズバリこんな質問をしてみました。

Q.仕事と彼女、どっちが大切ですか?

「仕事」……46.5%
「彼女」……53.5%

結果は僅差! 「彼女」と答えた男性が若干多いようです。ホッと胸をなでおろした女性もいるのではないでしょうか。では、それぞれどんな思いを持っているのか、さらにくわしく本音を聞いてみました。

<「仕事」と答えた男性の意見>

お金を稼ぐ糧だから

・「生活するのに働かなくてはいけないから」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「仕事がなければ、お金を稼げないから」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「お金がないと何もできないため」(28歳/金融・証券/専門職)

生活の糧となるお金を稼ぐためには、やはり仕事優先、との回答。これはむしろ当然、と言えますよね? 仕事をしている女性なら、もちろん頭では十分理解できるし納得もできるはず。問題は気持ちの面で納得できるかどうか、なのかもしれませんね。

仕事あっての彼女

・「仕事があっての彼女だと思うから」(28歳/情報・IT/技術職)

・「仕事がなければ、彼女とも楽しめないから」(26歳/電機/技術職)

・「仕事である程度余裕がないと、彼女をつくりたいと思わないから」(33歳/医療・福祉/専門職)

仕事があっての彼女だと、ズバリ答える男性もいました。お金も仕事もなければ気持ちにも余裕がなく、そんなときには彼女どころではないのかもしれません。確かにこれも一理ありますね。

<「彼女」と答えた男性の意見>

仕事はなんとでもなる

・「仕事はまあどうにでもなるから」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「あくまでも仕事はお金を稼ぐための手段でしかないから」(38歳/情報・IT/技術職)

・「仕事は選ばなければ、いろいろあると思うから」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)

彼女を優先させると答えた男性たちからは、今の仕事にやりがいを感じていないような回答が多くみられました。自分を大事にしてくれるのはうれしいですが、仕事にも前向きに取り組んでほしい、と思う女性も多いかもしれませんね。

彼女に代わりはいないから

・「仕事は自分の代わりがいるけど、彼女はいないから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「彼女がいなければ仕事はがんばれないから」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「彼女は一人しかいないため」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

仕事はほかの人でも間に合うことがあっても、自分の彼女はたった1人だから、といううれしい回答も多数。こんなふうに思ってくれていることが分かったら、たとえ遅刻やドタキャンがあったとしても許してあげられそうですね。

彼女のほうが大事という男性たちの理由の中で、仕事への消極性があったことは、ちょっと残念な気がします。実際女性たちは、自分のほうを大事にしてほしいと思いつつ、一生懸命仕事をしている男性に魅力を感じているところもあるからです。いろいろな回答はあったものの、正直、どちらも選べない! というのが男性たちの本音かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数116件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE