お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

劣等かーーん!! 男性が彼女のほうが仕事ができて稼ぎがいい場合にぶっちゃけ思うこと3つ!

ファナティック

現代社会では、仕事をする上で、男性のほうが優位、とは限りません。女性の管理職も増えていますし、社会的地位のある仕事に就いている女性は非常に多いです。そうすると、彼女のほうが仕事ができて収入も多い、というカップルもいるはず。そういった場合、男性側は正直なところ、どう思っているのでしょうか? そこで今回は働く男性たちに、彼女のほうが自分より優れている場合、どう感じるか、本音を教えてもらいました。

主夫になりたい!!

・「この人とうまくやっていけば、おそらく食いっぱぐれがない」(32歳/商社・卸/営業職)
・「自分が会社辞めてもいいかなと思う」(35歳/通信/事務系専門職)
・「彼女に養ってほしいなあと思う」(31歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「喜んで主夫になる」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

「早く結婚して専業主婦になりたい……」と言う女性がいるように、男性も「仕事辞めて俺が専業主夫になるよ!!」と思う人もいるようです。奥さんの収入で家計を賄えるのであれば、それもいいかもしれませんね。

心の支え

・「経済的に豊かになれると感じうれしい」(28歳/金融・証券/専門職)
・「頼りになる」(28歳/電力・ガス・石油/技術職)
・「彼女に追いつきたいと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「負けていられないと思う。むしろ、火がつく」(28歳/情報・IT/技術職)

一緒に家庭を築くのであれば、収入は多ければ多いほど安心です。また、「自分ももっとがんばろう!!」と奮起するきっかけにもなりますね。

劣等感……

・「何も言えないと思う、劣等感で潰される」(37歳/団体・公益法人・官公庁/技術職)
・「男のプライドは潰されるが、結婚していい暮らしができるなら悪くはないかと思う」(32歳/食品・飲料/技術職)
・「惨めな気分になる」(32歳/商社・卸/事務系専門職)
・「才能を妬むかも」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

男性は女性よりもはるかにプライドが高い生き物。自分より能力が高い女性が側にいるなんて、彼らのプライドが傷つかないわけがありません。

まとめ

男性はとても繊細な心を持っています。繊細すぎて面倒くさいくらいです。そういう心の持ち主ですから、プライドが傷つけられると、非常に凹みます。もし、自分が彼よりも収入が多いと察しても、それは決して彼に悟らせないように気を付けましょう。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE