お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やだ、私色っぽー……! 「自分が“女の顔”をしているな」と思う瞬間4選

ファナティック

誰とどんなシチュエーションにいるかで自分の顔はちがうもの。仕事のときはキリッっとしていても、好きな男性に会っているときはまったくちがう顔をしているということもあるのではないでしょうか? 意識して顔を変えようと思っているわけではないけれど、いつの間にか女の顔に変わっている。今回は、働く女性に「女の顔」になる瞬間について聞きました。

好きな人と一緒にいるとき

・「デートをしているとき。好きな人といるとには女の顔になっていそう」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「好きな人を前にしたとき。好きな人の近くだと、一番かわいい自分でいたいから」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「好きな人を目で追っているとき。ハートになっていると思うので」(30歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「彼氏といるとき。彼氏といるときは、仕草など女性として心掛けようと思っているから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

好きな人といるときには一番かわいい自分でいたいから、女性らしい仕草などを心掛けているという女性は多いようです。彼とのデートのときには楽しさだけでなく女性としてのうれしさも感じられるので、自分でも知らないうちに自然と女の顔に変わっているということはまちがいなさそう。

鏡を見ているとき

・「メイクをしているとき。自分の一番キレイだと思う表情で鏡を見ていると思う」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「鏡を見ているとき。シミを気にしているということはキレイでいたいと思っているということなので」(32歳/金融・証券/営業職)

・「化粧してるとき。キメすぎないように適度に気合いを入れたいから」(31歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

メイクをしながら鏡を見ているとき、鏡に映った自分の顔をチェックしているときには、「キレイになりたい」という女心が自然にわいてくるもの。どうすればキレイになれるのか、どの角度が一番キレイに見えるのか、色々と考えながら鏡に向かっているときって、自分の中で一番よい顔を作っていることも多いですよね。

酔っているとき

・「酔っ払って大胆になっているとき。ものほしそうな顔をしていると思うから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「酔っているとき。たぶん目がとろんとしている」(33歳/建設・土木/技術職)

お酒が入るといつもより大胆になるという女性も多いですが、そういうときには男性へのアプローチもいつもより積極的にできそう。ちょっとうるんだ瞳で男性をじっと見つめてみたり、男性からのアプローチを誘うような仕草をしてみたり。お酒が入るとセクシーな女の顔になるという人も少なくないようです。

えっ、こんなときも!?

・「下着売り場で選んでいるとき。完全に女の世界だけど、見せる相手もいるものだから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)


・「恋愛マンガを読んでるとき。ドキドキしてるから」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

「下着を選んでいるとき」というのが意外な回答でしたが、確かに言われてみるとそうかもしれません。見せる相手のことを考える……というのが色気があっていいですね。また、恋愛マンガを読んでストーリーにのめり込んでいるときも確かに「女の顔」になっているのかもしれません。

まとめ

おもしろい回答がたくさん集まりました。多くの女性があげていた、好きな男性と一緒にいるときは「女の顔」になってしまうもの。一緒にいて「女の顔」になってしまうほどの男性その人こそが、自分が意識している、好意を持っている相手と言うこともできるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数132件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE