お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

朝からテンションマックス! 男性が喜ぶ朝の起こされ方3つ!「キス:うれしくないわけない」

ファナティック

男性たちにとっては、朝、彼女に起こしてもらいたい願望があるかもしれませんが、そんな中でも、こんなふうに……というあこがれがあるようです。そこで社会人男性たちに、理想の起こされ方について語ってもらいました。

目覚めのキス

・「頬にキスをされたい。なんとなく愛されている気がする」(36歳/運輸・倉庫/その他)
・「キスをして起こされたい。気持ち良く起きられそうだから」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「キス。うれしくないわけない」(33歳/通信/事務系専門職)

もっとも多かった回答は、目覚めのキスで起こされるというもの。愛されている感じがして、うれしい男性が多いようです。映画やドラマの1シーンのようなシチュエーションにあこがれているんですね!

やさしく起こしてほしい

・「やさしくポンポンされる。心地よく起きられそうなので」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「ユサユサとやさしく。幸せな気分で起きられるので」(31歳/情報・IT/技術職)
・「やさしい声で起こしてもらえる。朝から幸せを感じながら目覚めたいから」(38歳/通信/技術職)

やさしく声をかけて起こしてもらえたら……と願っている男性が多数。朝から好きな人にこんなふうに起こされたら、1日気分よく過ごせそうですよね。

耳元でささやく

・「耳元でささやいてくれるとうれしい」(28歳/情報・IT/技術職)
・「『朝だよ』と耳元で小さな声で。多分ドキッとするので」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「となりで寝てささやいてほしい」(31歳/電機/技術職)

やさしく耳元でささやいてくれるのも、男性たちにとってはうれしい朝の迎え方のようですね。甘~い朝を迎えたい男性、案外多いんですね!

まとめ

男性たちのあこがれの起こされ方は、映画やドラマのように、ロマンティックなものが多いようですね。実際は、「こんな悠長に起こしていられない!」という声も聞こえてきそうですが、やっぱりやさしく起こしてあげるのが、彼を喜ばせる1番の方法かもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE