お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事で怒られた! 人前で泣かない方法3つ

秋カヲリ

仕事でミスをしてしまったとき、上司から思い切り怒られたことはありませんか? そんなときは、怒られたショックやミスをした悔しさから、つい泣きそうになることもあるでしょう。でも、大人たるもの人前では泣きたくないですよね。そこで今回は、怒られたときに泣きそうになる心理や、人前で泣なかないようにする方法を探ります。

涙が出るメカニズムって?

そもそも、なぜ怒られると涙が出そうになるのでしょうか? 泣きたくなる心理状態や涙が出る理由について、心理カウンセラーの萩原かおり先生に聞いてみました。

泣きたくなる心理状態とは

人が泣きたくなるのは「なんらかのストレスを感じて心が乱れたときに、それを落ち着かせようとしている」からです。泣くことはストレス解消になるので、ストレスを感じたときは泣いたほうが心の回復が早いのです。つまり、自分の心を守るために人は泣くのです。

涙腺は神経の興奮を抑える副交感神経によって刺激されるもので、この副交感神経は眠っているときやリラックスしているときに優位になります。副交感神経が揺れ動いた心をなだめて落ち着かせようと機能した結果、涙腺が刺激され涙がこぼれてくるのです。

なぜ涙が出るの?

うれしさと悲しさは正反対に思えますが、どちらも感情の起伏が生まれる一種のストレス状態です。そのため、上述のようにストレスを解消するために、涙が流れるのです。

自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つのバランスを保つことは精神の安定に不可欠です。感情が高ぶって興奮しているときは交感神経が優位になり、そのままだと緊張やストレスが蓄積されて負担になります。一刻も早くストレスを解消しなければなりません。そこで副交感神経が働いて涙が流れ、バランスを保とうとするのです。

次ページ:人前で泣かない方法って?

SHARE