お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【昼寝のススメ】昼寝がもたらす3つの効果とは?「午後の仕事が、スッゴクはかどる!」

ファナティック

夜に睡眠はじゅうぶん取っているのに、仕事中どうしても眠くなってしまうという女性は多いのではないでしょうか? 仕事中の眠気は、集中力が落ち仕事の効率にも響くのでなんとかしたいもの。今回はその解消法のひとつである「昼寝」について調査。働く女性のみなさんに、アンケートを採ってみました。

Q.あなたは職場で昼寝をしますか?

 「する」……16.4%
 「しない」……83.7%

職場で昼寝をすると答えた女性は16.4%と少数でしたが、眠気解消や仕事の効率アップにどんな効果があるのか気になるところです。時間や昼寝スタイルなども含めて、実態を詳しく見ていきましょう。

頭がスッキリする

・「休憩室で10~30分くらい寝るとスッキリする」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「女子更衣室で。10分~20分ほど。頭が冴える」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「5分くらい、自分の机で。頭がスッキリするところ」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「誰もいない部屋があるので、30分ほど昼寝する。午後頭が冴えるのでいい」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

短い時間に集中的に脳を休ませることで、頭がスッキリするようです。食後のボンヤリした頭をリセットできるのもいいですよね。

午後からの仕事がはかどる

・「自分の机で1時間くらい。午後の仕事がすごくはかどる」(33歳/その他/クリエイティブ職)
・「机15分。午後の集中力が増すから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「休憩室でうたた寝程度。午後から頭がスッキリして仕事ができる」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「仮眠室があるので30分くらい。寝た方がスッキリするのでそのあとの仕事もはかどる」(26歳/運輸・倉庫/営業職)

昼寝をしたことによって頭がスッキリしているので、午後からの仕事への集中力が増すという回答もたくさんありました。通常、眠気がピークになりがちな午後の仕事がはかどれば、まわりからの評価も高まりそうです。昼寝に興味が湧いてきた女性も多いのでは?

頭がスッキリするだけでなく、疲れを取るのにも◎

・「脱衣所で30分くらい、横になって首こりをリラックスさせる」(32歳/医療・福祉/専門職)
・「疲れ切ったときに、誰もいない部屋で15分くらい横になる」(30歳/医療・福祉/専門職)

昼寝によって体の疲れを取るという回答も。寝不足であったり、仕事の疲れが溜まっていると、集中力も落ちてきてしまうもの。そんなときは、数分でも力を抜いて目を閉じてみるといいかもしれません。

■まとめ

昼寝をするだけで頭がスッキリして、仕事もはかどる、疲れも取れるなんていいことづくめですよね。今回のアンケートでは平均の昼寝時間は約20分くらいでしたが、スッキリする昼寝時間は人それぞれ。デスクや休憩室で数分目を閉じるだけでも効果があるという意見もありました。午後の仕事中どうしてもウトウトしてしまうという方、思い切って昼寝にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数159件(22歳~34歳の働く女性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE