お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

師走でも、退職タイミング考えてます! 女性が狙う会社の辞めどき5つ!「冬のボーナスのあと」

ファナティック

働く女性にとって、今の会社でずっと働くのか、いつかは退職・転職するべきかなど、一度は考えるテーマではないでしょうか。みなさんは今の会社を退職するとしたら、ベストな時期はいつ頃だと思いますか? 働く女性のみなさんにアンケートを採り、理想的な退職の時期について調査してみました。

ボーナス後に

・「ボーナスをもらってから。もらえるものはもらってから退職したい」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「冬のボーナス後。夏より冬のほうが金額が多いから」(31歳/商社・卸/事務系専門職)
・「ボーナスをもらってから有休消化する。一番お得だと思う」(24歳/医療・福祉/事務系専門職)
・「夏のボーナスをもらってから。冬は年末調整とかあるので」(29歳/建設・土木/事務系専門職)
・「ボーナスが出てから一カ月後。ボーナス泥棒みたいに言われたくない」(32歳/金融・証券/営業職)

「もらえるものはもらってから」と考える人は多いようです。夏のボーナスの後か、冬のボーナスの後かは金額や手続きの兼ね合いもあり、人それぞれ。ボーナスをもらってすぐだと気まずいので、短期間働いてからというのは、確かに賢い方法と言えそうです。

年度末に

・「年度末。区切りがいいし、新年度には新人も入ってくるだろうから人手も困らないと思う」(28歳/生保・損保/事務系専門職)
・「年度末。公務員なので仕事が一段落するから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「おそらく寿退職で年度末だと思います。引き継ぎに負担をかけないため」(33歳/医療・福祉/専門職)
・「区切り良く3月。昔からの習慣で4月=新しいことをはじめる時期という感じがするから」(24歳/食品・飲料/専門職)

区切りもよく、会社に対しても迷惑にならないということで年度末に合わせるという回答も多くありました。新年度から新しい環境をスタートさせられるので、自分の中でもいい切り替えができそうです。

会社が落ち着いている時期に

・「繁盛期が過ぎた6月あたり。決算も片付いて、ゆとりがある時期だから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「落ち着いてから。みんなに申し訳ないから」(32歳/その他/事務系専門職)
・「閑散期。引き止められにくいし、辞めやすいから」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

退職となると引き継ぎや欠員補填など、少なからず会社側にも負担がかかるもの。業種によって時期は様々ですが、繁忙期を避けて退職するのは会社にも自分にも一番楽かもしれませんね。ゆとりがある時期なので、辞めづらい空気にならないのも◎。

結婚や彼の異動を機に

・「結婚するとき。結婚してからは続けられなさそうな職場だから」(24歳/農林・水産/その他)
・「結婚するタイミング。短時間勤務がないから」(26歳/情報・IT/事務系専門職)
・「彼が地方に異動になったら。彼と離れたくないから」(29歳/小売店/事務系専門職)

今後出産や子育ても視野に入れながらの勤務が難しい場合、結婚を機に寿退社を考える女性も少なくないようです。付き合っている彼が転勤になったらついていくという情熱的な女性の意見も。

妊娠・出産や子どもの進学などを機に

・「子どもができたらね。子育てしながら働くのが厳しいので」(30歳/小売店/販売職・サービス系)
・「子どもが小学生になったら。保育園の間は、補助が出るから」(31歳/金融・証券/専門職)
・「Work Life Balanceがとれなくなったら。子育てを大切にしたいから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

子育ては女性にとって大切なライフイベント。仕事と子育てとのバランスを見て、退職するという意見も複数ありました。育児休暇など会社が保証してくれる期間は仕事を続けて、子どもが大きくなったら退職・転職を、と考えている女性も多いのでは?

まとめ

今回のアンケートでは、「定年まで今の会社で働きたい」という意見も意外と多くありました。それだけ、結婚・出産をしてもサポートしてもらえるような、女性が働きやすい職場が増えているということかもしれません。結婚・出産などを機に退職する場合も、転職のための退職の場合も、自分が納得できる時期に退職するのが理想的。今回ご紹介した女性読者の意見も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数159件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]